2017
08.01

お初♪

7月は気温が高く、林の中は湿度も高い日が多かったのでつい、ヤッケを脱いで草取りしていたら、3年目にして初めて、マダニにやられました。塩水つけたりミントをつけたりしましたが、離れてくれない(;д;)こうなるともう、病院でとってもらうしかありません。油断大敵。

こんなお初はごめんだけど、突然現れたキバシリとの出会いは嬉しかった(*´∀`人 ♪

DSC_4237-3.jpg

北海道のはキタキバシリという亜種もいるらしいけど、見分けはつきません。ここに巣があるのか?!と色めき立ちましたが、出会いは一度だけでした。この時シジュウカラもいたので、くっついてきただけらしい。でも、アカゲラ林では初お目見えなので嬉しかったです。

DSC_4241-3.jpg

DSC_4238-3.jpg

余談ですが、「初」といえば、なんとアライグマも林に入ってきたことがありました。役場に通報したら、「檻は全部出払ってまって、もう在庫がない」最近とても増えているそうです。「スイカとかかぼちゃとか、こう、穴掘ってさ、中身くり抜いて食べていくんだよね」
え〜!!Σ(゚д゚|||)今年はブルーベリーの畑にスイカを植えたので、聞き捨てならない。

冬はエゾユキウサギの食害を受けたし、春にはエゾシカが入り込んで、オオウバユリを全部食べられてしまったばかり。次つぎ野生動物に被害を受けると、対策が必要になってきますね。困ったものだ( ´Д`)



Comment:2  Trackback:0
2017
07.23

恐竜の末裔(?)の子孫たち

Category: 出逢った野鳥
恐竜の末裔を思わせるこわもてのアリスイ。でも子育てはオスメス一緒。顔に似合わず優しいお父さんなんですね。あたりを警戒しているのは、イクメンのお父さんでしょうか。

P1220257.jpg

警戒しているお父さんのために、場所はヒミツ。

P1220238.jpg

巣穴からは元気なひなの声がしていましたが、ある日、可愛いのがチョロリと出てきました。見事な保護色ですね^^

DSC_4056-3.jpg

親鳥は迫力ある顔つきですが、幼鳥はめんこいです〜^^パタパタ羽を動かしながら、キツツキらしく、木によじ登っています。ようやく巣立ちしたんだ!

DSC_4065-3.jpg

DSC_4067-3.jpg

・・・と思っていたら、この子、なかなか巣穴の近くから離れようとしません。
それどころか、また巣穴に戻っちゃったりするのです!
「巣立ち」というのはもう2度と巣に戻らないもの、という認識が覆りました・・・。

その後も出たり入ったり・・・??不思議な生態です。巣に戻ろうとするひな。
下のひなは押し出されてしまいました。

DSC_4185.jpg

親が来ました。まだ巣の中にいるひなに餌を与えています。

DSC_4188-3.jpg

巣の中には2羽見えますが、お尻が出ているのは、よじ登って巣に戻ったひなです。巣から顔を出しているひなは、まだ「巣立って」いません。

DSC_4176-3.jpg

初めて巣穴を出た一番目の子と、その日の様子。まだ親から餌をもらっていました。

DSC_4196.jpg

巣穴からは他のひなの声がしています。そしてこの一番目は、このあと、巣に戻ろうとしていました。

DSC_4191-3.jpg

何日かあと、一番目と思われる幼鳥が、親の後を追って、背中をつついたりして餌をねだっていましたが、親は知らん顔でした。もう面倒を見ないのかしら?

P1220280-3.jpg

2、3日後に見ると、巣の近くにポツンと幼鳥がいました。まだこの1羽しか巣立ってないのでしょうか?この時もまだ巣からはひなの声がしていました。なんども巣に戻って来る幼鳥を見ましたが、この子でしょうか。姿が同じなので多分、としか言えませんが・・・。

DSC_4218-3.jpg

初めてアリスイの、しかも子育ての様子を見ることができました。その姿や、アリを食べるというキツツキの仲間であること、巣立ちしてもまた巣に戻るひななど、謎の多い出来事ばかりでした ( ゚A゚;)
(写真は、何日かをまとめて再構成したので、必ずしも時系列ではありません。)


Comment:2  Trackback:0
2017
07.20

麓で出逢った鳥たち 

Category: 出逢った野鳥
記録的な暑さのため(ということにしておこう)旭岳ではギンザンマシコはおろか、カヤクグリやイワヒバリ、ホシガラスなど、山らしい鳥には全然出会えなかったけど、姿見の池付近でノビタキが巣を作っていました。近くに巣があるらしく、登山者が通るとしきりに警戒音を出していました。

DSC_3972-3.jpg

ジャッ!ジャッ!「あっちへ行け!!」という声の中にピッピッと可愛い声が混じってしまうのはご愛嬌^^登山者からは「あら可愛いわね〜」と言われてしまいました。

DSC_3965-3.jpg

遠いですがハイマツの中にぼんやりとノゴマ。2羽がハイマツの中に飛び込んだので、やはり巣があるようです。ノビタキもノゴマも平地の草原にいる鳥なのに、下界は暑いからこんなところまで来ちゃったの??

DSC_3979-3.jpg

旭岳の麓に降りると、ウグイスやエゾムシクイなどの声が聞かれました。
その托卵相手を狙う、ダブル・ツツドリ。

DSC_3996-3.jpg

キセキレイの幼鳥きょうだいがじゃれあっていました。可愛いのでしばらく見てしまった。

DSC_4039-3.jpg

DSC_4030-3.jpg

キセキレイに偶然ニアミスしてくれた、ベニマシコ。

DSC_4031-3.jpg

麓でのウオッチも楽しかったけど・・・
やっぱり次回はギンザンマシコが見たいです・・・(っω・`。)


Comment:4  Trackback:0
2017
07.19

神様たちの暑い庭 

真夏日が連続した北海道。帯広では36度を超えました。
こんな時、カムイミンタラ(神様たちの遊ぶ庭)に行けたのは運が良かったのか悪かったのか。前日も、その後も荒れた天候だったので、運が良かったと思いましょう。

DSC_0138-3_20170718210813f16.jpg

・・・旭岳ロープウェイを降りると20度・・・のはず・・・でも日差しがジリジリと半端ない。風は涼しいので、下界よりは随分ましだけど、歩いていると汗が出てきます。
神様も、今日はこのお庭で遊ぶより、神様の国でお昼寝でもしておいででしょう。
ええ、こんな暑い日にはもちろん、氷河期の生き残りと言われるギンザンマシコなんて、これっぽっちもいませんでしたよ〜 (・Д・)ノ ←運の悪い方

・・・気を取り直して周りを見回せば、神様のお庭は花盛り!
チングルマ
P1220207-3.jpg

山屋である相方も、「本州ではこんなにたくさんの花がある山は見たことがない」と言っていました。そして、平地では見られない高山植物が咲いていました。
エゾノツガザクラ
P1220183-3.jpg
ミツバオウレン
P1220136-3.jpg
マルバシモツケ
DSC_0145-3_2017071910154988e.jpg

エゾイソツツジ
DSC_0142.jpg

イワブクロ
DSC_0149-3.jpg
メアカンキンバイ
DSC_0133-3.jpg
キバナシャクナゲ
DSC_3987-3.jpg

高山植物の女王、コマクサも初めて見ました。
殺伐としたれき地に堂々と咲いていて、まさに女王様のお姿。

DSC_3985-3.jpg

チングルマはもう綿毛になっているものも。チングルマは草ではなく、木なのだそうです。

DSC_3986-3.jpg

これはショウジョウバカマですが、岐阜で見たものより巨大で、花はうす紫でした。何より、早春の花だったショウジョウバカマが、ここでは夏に咲いていたので驚きました。

DSC_0152-3.jpg

ゴゼンタチバナはまるで盆栽のようなしつらい。相方によれば「構図が決まってる」


P1220141-3.jpg

ツガザクラは一面に咲いていて、白い花、小さいものなどいくつか種類がありました。他にもウコンウツギや、目当てのエゾコザクラなどを見ましたが、数が少なかったです。(てっきり相方が写真に撮っていると思っていたら撮ってなかった(ノ_<)
この日は暑さのため、散策路を回るだけでヘトヘトでしたが、次回はぜひ裾号平まで行ってみたい。そして、ギンザンマシコも見たいです・・・(´;ω;`)

マークは相方の写真でした。


Comment:4  Trackback:0
2017
07.17

恐竜の末裔?

Category: 出逢った野鳥
北海道に来てから初めて見た鳥はいくつかありますが、初めてこの鳥に出会った時はびっくりしました。アリスイ。キツツキの仲間だそうです。

DSC_3934.jpg

木の幹にとまると、完全に保護色。

DSC_3922-3.jpg

インパクトある顔立ち。この羽模様も、恐竜の鱗に見える・・・。

DSC_3848.jpg

名前のとおりアリを餌にします。ひなに持ってくるのもアリの卵。

DSC_3815.jpg

余ったのは食べちゃう(笑)
DSC_3895.jpg

長い舌です。

DSC_3896.jpg

巣穴からは元気なひなの声がして、巣立ちも近そうです。場所については、特に秘します。


Comment:2  Trackback:0
back-to-top