2014
05.22

林の春は


連休までは高めの気温でしたが、このところ平年なみか、それ以下という日が続いています。葉ものの種まきをしたけれど、朝夕の気温は10度ほど。夜は霜よけしなくてはなりません。
そういえば、昨年は今頃こちらに来たのでした。昨年と違い、桜は終わっているものの、エゾノコリンゴの花が咲きました。

P1150838-2.jpg

カシワや、モミジなどの芽吹きは、昨年とおなじくらいです。

P1150837-2.jpg

昨年下草刈りをしておいたので、スズランやベニバナイチヤクソウ、ツリガネニンジンなどが芽を出していました。今咲いているのはちいさなフデリンドウや、キジムシロなどです。

P1150828-2.jpg

ワラビも、あたたかくてにょきにょき出てきたものの、きゅうに冷え込んだのでストップしてしまいました。さらに、そこには・・・

P1150834-2.jpg

また巣と卵みつけてしまった・・・orz
鈴木まもるさんの『日本の鳥の巣図鑑膳259種』によると、ホオアカ(もしくはシマセンニュウ?ならレアですけど)の卵に似ています。これで、この辺いったいのワラビが穫れなくなってしまいました。収穫激減必至です。
さらにカシワの大木には・・・

P1150841-2.jpg

来ちゃった・・・orz コムクドリ。またここで子育てするのでしょうか^^;

P1150844-2.jpg

そういえばいつのまにかアカゲラを見なくなっていました。また追い払われてしまったのかなぁ?
コサメビタキやゴジュウカラは、今年はまだ見ていません。まだ身体が回復しないのですが、来週くらいには鳥見に出かけられたらいいなと思っています。

関連記事
トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/99-5f636b63
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top