2013
11.17

ナナカマドとヒヨドリ

このところずっと毎朝氷点下です。ヒヨドリが10羽くらい群れていました。これから渡るのか、渡らずにこちらで越冬するのかはわかりません。

P1140495-2.jpg

P1140492-2.jpg

お腹の模様がとてもきれいです。私は、鳥をお腹のほうから見るのが好きです。

P1140493-2.jpg

P1140499-2.jpg

やはりこれからの、旅の腹ごしらえをしているのでしょうか。もうほとんど小鳥の姿がなくなった公園で、ヒヨドリだけがとても賑やかでした^^

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/88-f8e77e6f
トラックバック
コメント
おはようございます。
そちらはもう毎朝氷点下なのですね。厳しい寒さお察しします。
ドアが氷ついて開かなくなることがあると聞いたことがありますが、大変ですね。
ヒヨドリたちも、食べ物がなくなると餌探しに苦労するのでしょうね。頑張って春を迎えて欲しいです。
地下室の越冬野菜も、春には元気な姿で対面できるとよいですね。
kogamodot 2013.11.18 08:27 | 編集
kogamoさん
こんばんは~、こちらは夕方4時をすぎるともう暗くなります。でも、晩ごはんの支度にはちょっと早いですね^^;朝は氷点下ですが、日中は8度くらいまで上がりました。シジュウカラが水皿で水浴びしていきました。地元の人には、今日は「あったかい日」なのだそうです。たしかに、風もなく小春日和でしたが、岐阜では厳寒期くらいの気温ですね。家のなかは暖かく過ごしています。
ヒヨドリは、ここでも元気なこえと姿を見せてくれます。残留組もいるのでしょうか。見届けられず残念です。
ようやく床張りも済み(汗)片付けと、荷造りを始めています。水抜きとか、雪囲いとか、いろいろしなくてはならないことがあるようです。いままで何度も冬を越してくれた家なので、今回も大丈夫だと思います。でも、ちょっと寂しいです。はい、来春、野菜たちに無事会えますように・・・。
min628dot 2013.11.18 17:13 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top