2013
11.14

野菜越冬隊

Category: 生活
町や産直市場では山盛りの野菜を売っています。今朝は、むかわ町の様子を「あさイチ」で放送していたけど、こちらでは、もっと、 どお~っさり 野菜が積んでありました。白菜、大根、にんじん、ごぼう、生姜、キャベツ、長ネギ、たまねぎ、馬鈴薯などなど・・・。それと一緒に、塩や酒粕、昆布、唐辛子、酢、米ぬか、キムチのもとなどの漬物用品も、売り場のかなりの面積を占めて売られています。地場野菜を売る産直市場は11月のはじめには閉店してしまい、冬の間休業になるので、売り収めでもあります。

ご近所さんたちは、自分で作った野菜を土の中に埋めたり、地下室に保管したりしています。にしん漬け、白菜漬け、大根漬けなども作っています。
私も、ちょっと前にご近所さんに、にしん漬けを教わってきました。子供の頃食べた懐かしい漬物です。来年は自分で漬けよう。

P1140473-2.jpg

町のひとは大量に保管することはあまりないみたいですが、幾多の冬を乗り越えてきた開拓民のご子孫たちは、蓄えることをやめようとはしません。私も俄かではありますが、林を開拓したものとして、野菜だけは越冬させようと思っています。そう、不本意にも冬を前に退散しなくてはならない我々のかわりに、せめて、せめて野菜だけは・・・(泣)
・・・いやいや~、じつは、春先こちらに来たとき、野菜の高いことにびっくりしたからです。こちらでは、畑に作物の種まきができるのは、早くても5月連休くらいです。さらに収穫できるのはもっと先になります。それまでは本州からの野菜を買わなくてはならないから、どうしても割高になります。
「でもね、冬の気候によっては、腐ったりして越冬に失敗することもあるよ。」
それを考えれば、賭けだというのです。が、敢えてやってみたい。
そこで、とりあえずこれだけの野菜を「実験越冬隊」に任命しました。(あとで、かぼちゃは保存出来ないと聞いてたまねぎに換えました)

P1140485-2.jpg

凍りつかないように、新聞紙でくるんで箱に入れ、こちらを出るときに、地下室の片隅に置いていくのです。

くれぐれも、春まで達者でおるのだぞ~!!

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/84-1328df27
トラックバック
コメント
いよいよ引き上げるのですね。
あれやこれやと準備で忙しいでしょうね。
私も来年お試し越冬隊に会えるの楽しみにしています。
バニーdot 2013.11.14 16:24 | 編集
バニーさん
こんにちは、これまでごらん頂いてありがとうございます。ここを引き上げるまであと1週間になりました。毎日寒いけど、でもここにずっと居たかったです。・・・などと感傷に浸っている暇もなく、最後の床張りや、薪割りなどに追われています(汗)あとは移動日に寒波が来ないように祈るだけです。
バニーさんもどうぞお元気で。
min628dot 2013.11.15 09:33 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top