2013
10.03

アオジはいたけれど

Category: 出逢った野鳥
秋が深まってきました。
先日、近くの畑でデントコーン(飼料用とうもろこし)の収穫が行われました。実も茎もいっしょに刈り取るそばからもう粉砕、いっぱいになると隣のトラックに積み替えます。とても効率的。午前中で終わってしまいました。

P1140015-2.jpg

畑がなくなってしまったので、ノビタキはどうしているかと行ってみましたが、畑がなくなっても、まだ道の脇にある草むらにいる気配がします。繁殖期はあんな姿を見せてくれたのに、今は草の中に入り込んで出てきません。木々の間からやっとのことで見た鳥は・・・ノビタキではありませんでした。

P1140037-2.jpg

P1140039-2.jpg
どうやらアオジのようですね。ここにはノビタキのこえもしているのに、なかなか姿を現しません。まだ渡ってはいないと思うのですが・・・。あれほど頻繁に姿をみせていた小鳥たちが、今はこんなに息をひそめて暮らしている・・・。

春から夏にかけて、彼らは子供たちのために食べ物を集めるのに必死でした。どんなに与えても、ひなたちの成長には足りないので、じっとしている時間などなかった。そしていま、食べ物がだんだん少なくなり、寒さもましていく。周囲は刈り取られて拓けてしまい、天敵にもみつかりやすい。トビだって、おなかをすかせているのですから。それでもわずか数グラムの羽毛をまとっただけの冬支度で、ここではないどこかで、初めて冬を迎えなければならない・・・。
草むらの中でじっとしている彼らを待ちながら、ふとそんなことを思いました。

林では、群れの中にはじめてシジュウカラの姿を見ました。

P1140021-2.jpg

でも、林の主役はコガラたちです。彼らだけはいまもはちきれそうなこえをあげながら、飛び回っています。

P1130965-2.jpg

そのコガラも、ツミに追われるのを見ました。ツミは林の中でも巧みに木をかわして、ものすごいスピードでコガラを追い回していました。
今夜から冷え込むようです。ノビタキはもう行ってしまうでしょうか。

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/72-a4fdcc49
トラックバック
コメント
そちらはコガラが多いのですね。
コチラはほとんどが、ハシブトガラです。
パッと見だとなかなか判断できないんですけど、雰囲気が違うような気が・・・
朝晩の気温が一桁台が珍しくなくなってきて、そろそろ冬鳥も気になる今日この頃です。
asahimamedot 2013.10.05 20:22 | 編集
コメントありがとうございます。
北海道にいるエナガがシマエナガであるのと同じように、北海道にいるのはハシブトガラ、と考えていいのでしょうか?
私は岐阜でもコガラをじっくり観察できたことがないので、雰囲気の違いもわかりません(汗)もっときちんした写真を撮れたら一番いいのですけど^^;
スミマセン・・・。
min628dot 2013.10.06 09:13 | 編集
いや、ハシブトガラ、コガラ、両方いるんですよ。
種が違うんです。
我が家のバイブル、北海道野鳥図鑑(亜璃西社)に色々書いてるんですが、分布域はハシブトガラが低山~平地で、コガラは主に山地、となっています。
見た目の特徴は、相当微妙ですね~
羽の白い筋が目立つ方がコガラらしいですが、私にはパッと見じゃわからないです。

一度だけ、ハッキリとコガラと認識した状況で観察したことがあるんですが、何か雰囲気が違ったんです。
ほんと、感覚的な違いで、具体的に説明できなくてスミマセン。。。
asahimamedot 2013.10.06 20:09 | 編集
再度のコメントありがとうございます。
私も自分で調べればいいのに、ごめんなさい。
ここは平地なので、たぶんこれはハシブトガラであると思われますね。だとしたらはじめてなのでうれしいです。
コガラは、本州でも針葉樹の林や、山地に多く生息していると思います。私平地でははあまり見たことがなかったですね。
ハシブトガラとコガラはさえずりも違っているようです。
来年の春には見分けたい(笑)ありがとうございました^^
min628dot 2013.10.06 20:51 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top