2013
09.27

油断できない

Category: 出逢った野鳥
林では少しずつ秋が深まっていきます。

P1130929-2.jpg

昨日は牧草地に珍しいお客さんが来ていました。

P1130952-2.jpg

カナダガンでしょうか。ヒシクイでしょうか。長い旅をしてきたのでしょう、疲れて休んでいるように見えます。
そして今日、キタキツネが別の牧草地を堂々と歩いていました。

P1130963-2.jpg

なんて立派なキタキツネ。毛艶がとてもよく、太っています。今年生まれた2匹きょうだいの親かもしれません。
ヒシクイたちはもういませんでしたが、昨日はこのキツネと出会っていませんように・・・。

カナダガンは頬が白いので、これはマチガイでした。お詫びして訂正します。ぜんたい灰色であるので、ヒシクイとしました。

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/71-2a4c3cf2
トラックバック
コメント
おはようございます。
こちらの公園でも木々が紅葉し始め、落ち葉に秋の深まりを感じています。
珍しいカナダガンのお客さんがいらっしゃいましたか。広い牧草地に素敵な情景ですね。
本宅の方へお帰りになられる前に、いろいろなガンが見られるとよいですね。
キタキツネの尻尾もふさふさしていて、本当に毛の色艶が美しい子ですね。
雪が降る頃には食べ物が少なくなるので、今のうちにたっぷり栄養をつけておきたいところですね。
kogamodot 2013.09.30 08:48 | 編集
もうガンの季節になりましたか(^^)
私も諸事情でなかなか鳥見ができません。
ブログも更新できませんでしたorz
来月には岐阜にお帰りになるのでしょうか。
minさんも渡り鳥のようですね(*^m^*)
ayumidot 2013.09.30 13:52 | 編集
kogamoさん
おはようございます(←2日遅れですみません)
秋になると動物たちをよく見るようになりました。エゾシカも、立派な角をもっていました。ただ、カメラを持っていないときのほうがよく見ます(泣)そろそろ冬の渡り鳥がみられるようになってきたのですね。
せっかく北海道に来ているのに、なぜか家の中、またはその周辺のみで生活しています。もう旅行者ではないんだなぁ、と思いますが、やはりもっとあちこち行ってみたかったです。あと一ヶ月くらいはこちらでがんばってみるつもりですが、雪が早く来たりすれば撤退せざるを得ないかもしれません。
min628dot 2013.10.01 10:28 | 編集
ayumiさん
秋はみんな忙しそうです。よかった・・・(?)いろいろありますよね、みんな。(勝手に仲間)
来月はいったん岐阜に戻り、いろいろ後始末をしてから、来春いよいよ移住します。ハイ、もういちどだけ本州に渡ってきます・・・なんて。立つ鳥あとを濁さず、とうまくいけばいいのですが、これから大掛かりな引越ししなければならないことを考えると、めんどくさいので渡りたくないです(笑)
min628dot 2013.10.01 10:35 | 編集
キタキツネを見ると「北海道~!」って感じしますね。
と言っても私は実物を見たことありません。
結構その辺にいるものなんでしょうか?
そういや「キタキツネ物語」がリメイク(?)されましたね。
あの映画も見たことないんですが、
竹田津さん原案のようなのでちょっと気になるかも。

こちらにはマガンと共にヒシクイも大勢やって来ます。
マガンよりちょっとデカくて、声も低い感じかな?
昼間は沼で寝てばかりいるので、怠け者みたいな印象です(笑)

minさん、渡りの途中で疲れたら宮城にも寄っててね~(*゚ー゚*)ノ
カモミールdot 2013.10.07 23:43 | 編集
カモミールさん
素敵なタイトルをつけていただいてありがとうございます。
本州にいた私は、想像していたよりけっこう出逢いがあるな、と感じました。といっても、ここに住んでいるので、出会う固体はたいてい同じですが。春先から仔ギツネ2匹、おとなのキツネ2匹です。このエリアにこれだけが、多いのか少ないのかもわかりません。
ヒシクイはあれっきり姿を見ないので、きっとほかのところへへ渡っていったのでしょう。
私の渡りは11月の終わりくらいになりそうです。ぜひカモミールさのいる仙台経由で行きたかったのですが、太平洋フェリーはペットの扱いをしてくれないので、今回も日本海フェリーを利用することになりました。塩釜のいとこにも会いたかったんだけど・・・。文鳥のために会えないとは・・・。
min628dot 2013.10.08 12:32 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top