2013
09.02

文鳥たちのこのごろ

Category: 生活
こちらに来てから、林のことや、外でのことばかり書いてきましたが、一緒に連れてきたサノスケ・ロロの2羽の文鳥たちも、おかげさまで元気に暮らしています。
文鳥たちをこちらに連れてきてよかったと思うことは、文鳥をクーラーのついた部屋に置かなくてすむ。わたし自身もそれがいちばんありがたかったです。
20グラムしかなかったロロは、22グラムに体重が増えて、動きがとてもよくよくなり、元気になりました。そのロロですが・・・いまは25グラムになっています。お腹に卵があって、毎日ひとつずつ産んでいるのです。車での移送やフェリー対策に、あれほど入ってほしいのに、まるで入らなかったかったツボ巣にも、このとおり。

P1130754-2.jpg

ときどき、サノスケも一緒に入って卵を温めています^^;(注:サノスケは♂として売られていたけどじつは女の子だった文鳥です。ペアではないので、残念ながらひなは生まれません)

P1130817-2.jpg

卵は昨日までで3つ。今日で4つ。おなかの具合を見ていると、まだ生みそうな気配です。もうこのへんでやめておいてほしいけど・・・。

P1130818-2.jpg

ロロのえさの食べ方、迫力がすごい。夜、お休みの布をかけてからも、「ザッ、ザッ」とえさ入れをかき回す音がいつまでも響いています・・・。

P1130808-2.jpg

この食欲で、卵を産み終えても、体重がもう少し増えてくれたらいいのだけど。

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/65-3241335d
トラックバック
コメント
サノスケちゃんたち、可愛いですね~(^^
新しい場所で、その後も元気で過ごしていて良かったです。

クーラーをつけない部屋におきたいというの、よくわかります。
私も夏は家の暑さやエアコンつけての寒さを、猫の体調を見ながらすごく気にしていました。
暑いとぐったり寝てばかりいますが、エアコンもあまり好きじゃないようで。
生き物の体調管理も気を使いますよね。
最後のほうの記事の中の、お休みの布のところで、あーそういえば昔小鳥を飼っていた頃、冬場は毛布で鳥かごをくるんだりしたなぁと思い出しました。懐かしいです。
Simcodot 2013.09.03 18:02 | 編集
simcoさん
こんにちは、文鳥たちにコメントありがとうございました。テチさん、元気に夏を越されたようで安心いたしました。うちのお隣にも、病気のポニーがいるので、家族の人たちはとても気を使って暮らしています。雨が多かったので、ガレージで過ごすことが多く、嬉しかったみたい(家とつながっているので)。
ロロは6個の卵を産んで、おしまいになりました。今は擬卵という作り物の卵とすり替えていますが、まだ暖めています。でも、本気モードではなく、そのうち飽きると思いますが・・・。
小鳥は、夜暗くしてやると静かになりますよね。なのにバリバリ食べる音が響いてるので、すごい食欲なんだと思います^^;
min628dot 2013.09.05 09:11 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top