FC2ブログ
2019
06.28

ナキウサギの山

Category: 周辺自然観察
少し前のことになりますが、ようやく晴れ間が出たある日、山登りしてきました。
一昨年の黒岳 以来の私にはかなりキツかった!カメラも重いしね〜 (´д⊂)
相方は、平然と自分のペースで登り、先々で待っていてくれました。すまない〜( ノД`)
でも、キャリアが違いすぎるので、仕方ありません。(ついて来いと言われる方が困る。)

私は登山道の花を見ながら(余計に遅れる)・・・・ホントは登るのに精一杯で、ゆっくり撮る余裕はありませんでしたが、それでもゴゼンタチバナ、コツマトリソウ、ヒメマイヅルソウ、ミツバオウレンなど、足元に咲く花の姿に励まされながら登りました。

DSC_0423-5.jpg

イワツツジはまだ咲いていなかったけれど、これを見ると嬉しくなってつい一枚。緑の小宇宙みたいで、大好きです。うちで咲くよりも小さなマイヅルソウが。これはヒメマイヅルソウと知りました。

DSC_0422-5.jpg

ツバメオモトの花もまだだでした。残念。こんなに大きな株が、あちこちにたくさん!すごい!咲いてるのをみたかったな〜。うちにあるのは本州産なので、十勝の気候に馴染めないのか、なかなか花をつけてくれないのです (´д⊂) かわいそうなことをしてしまった・・・。

DSC_0420-5.jpg

頂上付近で、チシマヒョウタンボクが花を咲かせていました。花が終わるとヒョウタンのような、二つの赤い実を並んでつけます。右上に、まだ緑のがあります。(クリックすると拡大できます)

DSC_0411-5.jpg

これも珍しい、ミヤマハンショウヅル。

DSC_5323-5.jpg

そしてガレ場にいたのは・・・エゾナキウサギ!! ヽ(´∀`)ノ

DSC_5303-5.jpg

・・・最初に見たのがこのアングルでした・・・( ̄▽ ̄;) えっと、ぶちゃ可愛いよね〜。
記念なのでUPしましたけど、この角度、あまり撮らないよね^^;

DSC_5321-5.jpg

定番ポーズ。今は毛変わりの時期なので、まだらで、あまり見栄えは良くないけれど、ナキウサギに出会えただけで嬉しいからいいの。
のんびり日向ぼっこする子。

DSC_5351-5.jpg

この子は葉っぱを食べています。案外長い。ネズミに似てると思われているけど、これを見ると、やはりウサギの体型ですね。

DSC_5339-5.jpg

これまで麓までは何度か来たけれど、なかなか見ることができませんでした。ここまでくれば、会えたんだなぁ。子どものナキウサギもいましたが、素早くて、残念ながら撮れませんでした〜 orz
今度は秋にも来たいなぁ!(* ´ ▽ ` *)(←まだ懲りてない)

DSC_0424-5.jpg

山を降りてから見たのはハクサンチドリ。立山の弥陀ヶ原で初めて出会った時の、あの喜びが蘇りました。懐かしいです^^ ここでは、海岸の原生花園などでも見られます。平地にも咲く花になっていましたが、それでもどこにでもあるという花ではありません。貴重な出会いであることに、変わりはないです(*^_^*)

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/527-41f50b19
トラックバック
コメント
ナキウサギ~~。本物だ~~。
眼福眼福~~。
ヨモクボdot 2019.06.29 09:25 | 編集
ヨモクボさん
はい、ぬいぐるみとか着ぐるみではございません。大丈夫で~す。
毛並みが今ひとつでしたが、秋には冬毛に変わっているので、今度はそれを見たい!
登山はしんどかったけど、ヨモクボさんに喜んでいただけて、よかったです( ´∀`)
min628dot 2019.06.29 17:01 | 編集
ナキウサギいいですね!
真正面からの顔がふわっとしてるお写真や
お尻ぷりんとしているのとかめっちゃ可愛いです。
喉元過ぎれば熱さ忘れるじゃないですが、
こんな可愛い子に会えたらまた登りたくなっちゃいますよね(*´∀`*)
秋なら花撮りモードから解放されるので、
もう少し楽な気持ちで登れるのではないでしょうか。


ayumidot 2019.06.30 10:51 | 編集
ayumiさん
何度目かの正直で、ようやく出会えたナキウサギでしたが、ここまで来てみれば何度も見られるのでした^^;おかげでいろいろなアングルを撮ることができました。・・・お尻だけとかもありましたが。
花につい目がいってしまって、登山ははかどりませんでした。確かに、秋なら必死に登るしかないですね^^
min628dot 2019.06.30 20:24 | 編集
こんばんは!!

ぶちゃくても良いから ナキウサギに1度は会ってみたいです。写真をはじめた頃 姿見の池を回って高山植物の花を夢中で撮りながら下山する 数年通ったものです。

先日来 丹精されてる多種の山野草の記事は 本当に心躍りました。
と言ますのは 若い頃十勝の山を少し登り その後は山野草の本で楽しんでた
お馴染みのお花たちが 見事にアカゲラ林で咲き 野鳥も繁殖に集まってくる 努力された結果ですが 凄いことをされてると感動しました。
今後も 楽しませて下さいね。有り難う御座いました。
ぐらん婆あdot 2019.06.30 22:51 | 編集
ぐらん婆あさん
たくさんのお気持ちがこもったコメントをいただき、ありがとうございました。
ナキウサギはあちこちに出るので、モグラ叩きみたいでキョロキョロしました。他にも来ていた人は、明け方から夕方まで粘っておられました。私は相方が飽きてしまうので、半日で降りてきましたが、それでも、何度も見ることができました。

北海道の山に登ると、植物の多さとスケールの大きさにびっくりしますね。相方も旭岳では、これほどの種類と面積を見たことはないと驚いていました。行列が嫌で、夏山にあまり登らない人(山スキーが専門)だったのですが、こちらに来たら、さすがにもう山スキーは無理なので、私の山行に付き合ってくれるようになりました。私は若い頃は、登山の機会がなかったのです。今思うとすとても残念でした。

アカゲラ林は長いこと放置されていて、エゾシカの溜まり場だったらしいのです。かつてあったと思われる花は、食べられてしまったのか、ほとんど残っていませんでした。笹を刈った後、出てきた植物を見ながら、同じものや、環境に合ったものを教えてもらって、移植しています。
なるべく十勝に自生する植物だけを植えたいのですが、ご近所からいただいたり、北海道の自生種と思っていたものが外国の品種だったりして、なかなかうまく行きません。本州から持ってきたものは馴染めずにいて、同じ花でも、出身地が違うと育たないのだと知りました。まだまだ試行錯誤の最中です。ぜひ見にきてください!・・・と言えるほど、きちんと整備されていないのですが、よろしかったら、ぜひぐらん婆あさんをご案内したいです^^
min628dot 2019.07.01 15:38 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top