FC2ブログ
2019
03.11

まだまだ序の口

Category: 出逢った野鳥
今日も朝から元気に鳴き騒ぐお客様たち。

DSC_3383-4.jpg

お食事中のファミリー。

DSC_3323-4.jpg

オオハクチョウは約100羽に増えましたが、オオヒシクイは4羽だけ。
オオハクチョウと違って警戒心が強いので、道路を通り過ぎても、すぐに飛び立ってしまいます。独特の風切り音が響きました。飛んで行ったのは畑の奥。

DSC_3435-4.jpg

ここに、マガンも到着していました。マガンは現在100羽くらい。

DSC_3441-4.jpg

隣の畑にもオオハクチョウが。

DSC_3380-4.jpg

あ、ここにもオオハクチョウ!!

DSC_3448-4.jpg

・・・って、近くに来たら、紛らわしい形に残った雪だったわ・・・(´・ω・)
通るたびに数を増やしていたお客さんたちでしたが、約1週間の滞在の後、突然いなくなってしまいました。もっと北のほうに移動したと思われます。今は50羽くらいのオオハクチョウだけが、広い畑に散らばって見えています。
これからもっとやってくると思いたいですが、どうなのかな。


関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/497-6a1adcef
トラックバック
コメント
オオハクチョウたち、ずいぶん数が増えたのですね。100羽のマガンの群れも圧巻です。
広い畑で、みなさん安心して休んで行けそうですね。もう少しゆっくりするのかな?と思いましたが、先を急いで行ったオオハクチョウたちもいるんですね。
雪がまだ少し残っていますね。私も田んぼの畦道に残った雪をハクチョウと見間違えることが、よくありました。(笑)
ごちそうをたくさん食べて体力を付け、渡りに備えて欲しいですね。^^
kogamodot 2019.03.12 21:50 | 編集
kogamo さん
あれだけの大きな群れが、いきなりいなくなってしまって、ビックリでした (; ̄◇ ̄)
その後残っているのは、主に若いオオハクチョウたちのようでした。今は10〜20羽くらいの群れが、あちこちに散らばっているだけです。幼鳥を連れたファミリーたちは、ほとんどが移動していなくなっていました。何か危険を感じる出来事が起こったのかもしれません。去年は3月に大雪があり、4月になっても雪解けが始まらず、渡り鳥たちにスルーされてしまったのですが、春が早い今年は、オオハクチョウたちも急いで渡ってしまうのかな?これからまだやってくると思いたいですが・・・。
そうそう、デントコーン畑には、食べ物がたっぷり残っていると思うので。
min628dot 2019.03.13 08:54 | 編集
こんなに沢山のオオハクチョウがやってきているなんて(^^♪
いいなぁ・・・
マガンはこんなに大きいのかと驚きました。
飛んでいる姿も迫力がありそうです。
畑で白鳥が寝ているのかなと思ったら、雪だったんですね。
私も見せて頂いていててっきり白鳥だと思いました。
トリックプレーを見ているようです(^-^;
sage55dot 2019.03.17 15:36 | 編集
sage55 さん
このときはいなくなってしまった、と思ったのもつかの間、次々にオオハクチョウやマガン、ヒシクイたちがやって来て、ご近所は毎日大騒ぎで大変なことになってしまいました。やはり序の口だったみたい。今年は例年通りの賑やかさになりました。マガンは72センチ、オオヒシクイは95センチ、オオハクチョウは140センチとありますから、かなり大きいですね。たくさん飛んでくると迫力あります。
そして、今日は別の場所でもっとたくさんの渡り鳥を見てしまいました。ひらけた場所で、おそらく1000、2000という単位の鳥たちが乱舞する光景でした。今帰ったばかりで、興奮覚めやらぬところです。落ち着いたらUPしますね^^;
min628dot 2019.03.17 17:09 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top