FC2ブログ
2018
09.11

停電の朝に

地震のあった翌日の朝。
ふと外を見ると、小鳥が3〜4羽、飛んでいるのが窓から見えました。

DSC_0823-4.jpg

コサメビタキの幼鳥2羽と、親鳥が1羽!

DSC_0825-4.jpg

いつの間にか林で見なくなっていたので、長雨で営巣に失敗して、いなくなったと思っていました。あれから2度目の営巣をして、雛がかえったのでしょうか。今頃になって出てきたのは、そうに違いありません。コサメビタキに再会できたなんて、思いがけないことで嬉しかった!

DSC_0833-4.jpg

彼らは停電も断水も知らずに、自然のままに生きていました。真の暗闇と、夜明けの光の中で・・・。

その後、コサメビタキの親鳥を見ました。お腹に卵やひなを抱いていた跡が残っています。
お母さんでしょうか。
こんな小さな体で、雨や寒さ、暑さからひなを守っていたんだなぁ・・・。

DSC_0848-4.jpg

周りを飛び交っている幼鳥たちを、気にしています。

DSC_0845-4.jpg

アナタ、いつまでそこにいるのよ?!
DSC_0844-4.jpg

私にも厳しい視線?を投げられました^^;
気温が10度くらいになる頃南へ渡って行きます。
それまで幼鳥たちがここで大きくなりますように・・・( ̄人 ̄)

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/476-58ceba90
トラックバック
コメント
おはようございます。
北海道地震で大変な被害をもたらし、お見舞い申し上げます。
長く続いた停電にも怖い思いをされたことでしょう。ご無事と伺って安心しました。
先日、町内で地震を想定した避難訓練がありました。いつ起きるかわからない地震の備えは大切ですね。

コサメビタキは、こちらの公園にもやってきました。一休みして、これから南の越冬地へ向かうのでしょうね。
幼鳥のくりくりした目がかわいらしかったです。(^^♪
kogamodot 2018.09.12 08:55 | 編集
kogamoさん
ご心配いただきありがとうございました。
おかげさまで私は日常の生活ができています。今日、生協の配達は注文の品の半分以下しか届きませんでした。まだ流通などは回復していないようです。

コサメビタキが今年も幼鳥を連れてきてくれました^^この日の朝は、まだ停電がいつまで続くかわからなかったので、コサメビタキの姿を見ていたら体の緊張がふと溶けていくのを感じました。私にとって、コサメビタキは特別な小鳥でしたが、これからはなおいっそう特別になりそうです。

min628dot 2018.09.12 19:31 | 編集
北海道の地震には私たちも驚きました。
と共にあの3.11の時の不安な気持ちも思い出し、min628さんはそうしていらっしゃるかしらと気になりました。
ご無事でよかったです。

コサメビタキはこちらでもたまに見られるようなので見てみたい鳥です。
可愛い顔をした鳥ですね。
でも、最近は鳥たちも以前より減っているんじゃないかと気がかりです。
今年の冬はどうでしょうか・・・
sage55dot 2018.09.17 14:25 | 編集
sage55さん
ご心配いただきありがとうございました。酪農家さんたちは、乳牛たちを守るために、とても大変な思いをされましたが、十勝、道東はだんだんと日常生活に戻っているように思います。余震の不安と、今後の電力不足の懸念はまだありますが。
私は、不安だったのは停電がいつまで続くかわからない状態だった最初の夜だけで、電気が使えるようになったら、いつもの日常になりました。
この朝はまだ停電の不安の中だったのですが、コサメビタキの親子を見た時の気持ちは忘れないでしょう。
この幼鳥たちはじきにそちらに渡っていくと思うので、丘陵で出会うかもしれませんね。
min628dot 2018.09.17 21:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top