FC2ブログ
2018
08.08

アカゲラが出会ったのは?

最近になって、先日のアカゲラよりも幼い幼鳥が2羽、林に入ってきました^^

DSC_0193-4.jpg

ヒヨドリの声にびっくりして警戒態勢。

DSC_0189-4.jpg

見分けつかないと思いますが、これがもう1羽の幼鳥です。
縦姿勢もまだ初心者。ひし、としがみつくあしがかわいい^^

DSC_0195-4.jpg

幼鳥は羽の下が茶色がかっており、頭はオスもメスも赤で覆われていて、まだ性別はわかりません。
2羽で林を飛び回っていましたが、エゾシカ林に入った途端、

DSC_0205-4.jpg

キチキチキチ!という鳴き声が響き渡りました。モズだ!!

DSC_0206-4.jpg

モズはモズでもこちらも幼鳥だった。
親じゃなくてよかったね。
・・・親の方は林の外で警戒しているところでした!(゚д゚)
・・・怖ッ!!((((;゚Д゚)))))))

DSC_0213-4.jpg

急に明るいところにカメラを向けて撮ったので白飛びしちゃった!すみません
北方系のモズは灰色がかっていることがあります。
・・・って言っても、余計わかりにくくなってしまった^^;

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/472-799fc7f2
トラックバック
コメント
早くもモズが見られるのは、さすが北海道ですね。
関西の平地では、秋の鳥というイメージです。
アカゲラが襲われることもあるのでしょうか?
最近の北海道は秋のような気温なんですね。
北海道に旅行に来る友人に風葬のアドバイスを求められて、
内地とは二か月違うと考えればいい、と応えた記憶があります。
関西に来て10年近いので、
だんだん北海道の気候を想像できなくなりつつあります^^;
ロメオdot 2018.08.10 15:27 | 編集
ロメオさん
このモズは、2年前まで農道にあるカシワに営巣していたのですが、伐られてしまってからはうちの林で子育てするようになってしまいました^^;アカゲラは襲わない・・・と思うのですが、小鳥がハヤニエされているのは見たことがあります。モズが入るようになってから、林で営巣する小鳥が少なくなったような・・・^^;モズはそちらでは冬鳥でしたっけ??こちらでは夏鳥です。北海道では夏鳥と冬鳥が逆なので、まだ混乱します。
十勝に来て5回目の夏ですが、真夏と言える日は1週間くらい。街では20度になれば半袖です。夏なのに、思っていたより曇りの日が多いのも意外でした。林は湿度が高いので、25度でも蒸し暑くて汗をかきます。わたしはまだ、岐阜の暑さが忘れられないです(*´Д`*)
min628dot 2018.08.10 16:25 | 編集
おはようございます。
自分のコメントを見返してビックリ!
服装と入力したつもりが、風葬とは・・・
失礼なことをしてしまい、申し訳ありません。以後気をつけます。
このようなうっかりものですが、今後ともよろしくお願いします<(_ _)>

≫思っていたより曇りの日が多いのも意外
確かにそうでした。子供のプールの授業が肌寒い日ばかりだったので、参観日の後の懇談会のテーマになった記憶があります。当時は9月頃の方が暑い日が多かったので時期を変更できないのかと(ダメでした)
内地の人にはあまり知られていませんが「蝦夷梅雨」もありますよね。
岐阜も暑いところだと、今年の最高気温で知って驚いています。
ロメオdot 2018.08.11 07:15 | 編集
ロメオさん
2度目のコメントありがとうございます^^もしよろしければ、パスワードを入れておいていただくと、「編集」から文を編集することができますので、ご利用くださいませ。gooブログは訂正できないので、わたしも何度かやっちゃったことあります・・・(汗)
そうなんです、蝦夷梅雨、今年はそれが2ヶ月続いてしまった感があります。そのためか、小麦の収穫は6分くらいと聞いています。家庭菜園も生育が遅れて困っています。トマトは赤くならないし、今頃ならキュウリが毎日10本くらい取れて塩漬けするくらいなのに、毎日ぬか漬けに入れるぶんがやっとくらい。ハウスがないと、夏に夏野菜は食べられません^^;
岐阜で仕事していたときは、夕方自家用車のドアを開けると、オーブンのような熱気が・・・( ´Д`)それに乗って家に帰るまでの、ぢごくの暑さ、忘れられないですね〜。
min628dot 2018.08.11 08:19 | 編集
暑さでご無沙汰してすみません。
北海道の夏は涼しいので、アカゲラ幼鳥さんたちが快適に過ごせてるようで、元気いっぱいですね。
上の子はちょっとやんちゃな男の子、3枚目の子は優しい女の子?全くの思い込みですが、顔が違うようです。(^^;
モズも雛も巣立ったのですね。北方系のモズはとてもきれいです。

↓の記事の、タンチョウさんご一家、一枚ごとにうひょっ!と、びっくり。
楽しませていただきました。^^
kogamodot 2018.08.12 14:59 | 編集
kogamoさん
そちらは本当に猛暑続きで、お身体が心配になります。どうぞお気をつけてください。
kogamoさんにはアカゲラの顔の違いがわかるのですね!私は、以前のアカゲラも、この2羽も、オスメスまるでわかりません^^;
このモズのお母さん(おそらく)は茶色いのですが、お父さん(たぶん)は灰色がかった色をしていました。(お父さん、お母さんは雰囲気できめました)この幼鳥は茶色ですが。このところ青空がなく、なかなかちゃんとした写真が撮れませんが、撮れたらきちんとUPしたいと思います。タンチョウの記事も楽しんでいただけてよかったです^^
min628dot 2018.08.12 20:36 | 編集
アカゲラはこちらでは冬鳥なのですが、そちらで子育てをしているのですね。
こうやって見せて頂くとイメージが良くわきます。
モズは小さいと思っていても猛禽なのですね。

うちの近くのモズはここ数年は夏場もいて子育ても畑でしているようです。(「畑モズ」と呼んでいますが)
大きなモズでよほどエサがいいのではないかと思います。

写真のモズはみなオスに見えます・・・
北方系のモズっているんですね!知らなかったわ。
sage55dot 2018.08.13 15:10 | 編集
sage55さん
アカゲラは、こちらでは周年見られます。そちらでは冬鳥だったのですね。岐阜では滅多に見ませんでした。
アカゲラ林なのですけど、子育ては別のところでしています。毎年、子供を連れて来ては捨てていく(笑)今シーズンは2度目の幼鳥、というケースが多くて、ヒヨドリやシジュウカラも2回、幼鳥を見ています。今年は例年になく長雨だったので、2度目の子育てをしたペアが多かったのかなぁ。(あくまで想像ですが)
モズは、北海道でも暖かい地方なら越冬するようですが、十勝では夏鳥です。そちらでは周年見られますね。畑なら、きっとたくさん餌があって、まるまるとしているでしょうね。はい、この幼鳥は男の子でした。そうだ、灰色のも、お父さんですよね。(自信がないにもほどがある)緯度や標高の高いところにいる灰色がかったモズを、高原モズと呼んでいるようです。
こちらでは冬鳥のモズで灰色の、オオモズというのがいます(これぞ北方系だった!)。滅多に見ることはできません。私は教えてもらって、十勝川の河川敷で一度だけチラリと見ましたが、ものすごく遠かったです^^;
min628dot 2018.08.13 15:53 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top