FC2ブログ
2018
06.12

残念な出来事

Category: 出逢った野鳥
それはまだ北国の春も浅い日のことでした。

DSC_7153-4.jpg

シマエナガの夫婦が、一生懸命巣材を集めていました。巣はもうほとんど出来上がって、
あとは卵を産むための産座に、水鳥の羽毛を敷くばかり。

DSC_7187-4.jpg

夫婦は、何度も、何度もやってきては、羽毛を巣に運んでいました。

DSC_7140-4.jpg

DSC_7141-4.jpg

その後、シマエナガは巣篭もりを始めました。無事に雛が生まれますように。

DSC_7261-4.jpg


ところが、もうすぐ雛が巣立つかと思われたある日のこと、突然カラスに巣が襲われ、雛たちは、全滅してしまったそうです・・・。

シマエナガの雛は巣立つと、一列に並んで親を待つ姿が見られます。それが見られるのは、巣立ちからわずかの間のことなので、その一瞬を写真に収めるために、雛が巣立ちするのを、巣の真ん前で待ち続けた人がたくさんいたらしい。ところが、待ちながら、ここで食べ物を出した人がいたのです。それをカラスが見ていて、食べ物を奪いました。

その時、カラスはシマエナガの巣に気づいてしまったのです。

DSC_7252-4.jpg

ここはエゾリスやカワアイサを見に、遠くからも多くの人が訪れる場所です。そのため、巣の存在を知らせないよう、この巣材集めの写真をブログに載せないようにしてきました。
しかし、一生懸命巣材を集めた、このシマエナガの夫婦が育んだ命は、奪われてしまいました・・・。

DSC_7196-4.jpg

今も、鳥たちの巣がある多くの場所で、同じことが起こっていないよう、願うばかりです。

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/460-16d148c1
トラックバック
コメント
そうだったんですか・・・
シマエナガの赤ちゃん、こんなことになってしまうなんて・・
大事に大事に見守っていたのにと思うと悲しいし悔しいし
夏鳥はほとんど撮らないのですが、遠くから来た渡り鳥の悲しい話は経験があります。
植物だって同じような事があります。
大事に見守っていた貴重な植物が消えてしまった時の悲しさは今でも忘れられません。
どうぞ次の機会はうまく育ちますようにと思わずにはいられません。
sage55dot 2018.06.12 19:23 | 編集
sage55 さん
シマエナガの巣のありかが知られてしまって、人が集まっていることは聞いていましたが、この顛末を聞いた時は、凍りつきました。
sage55さんも、花が失われた経験をお持ちなのですね。貴重な野草が盗掘されるのは言語道断ですが、貴重な植物に限らず、そこにあった植物の環境が日々悪化していくことは、日常目にします。やりきれないですね・・・。
私も今できるのは、祈ることしかありません。
min628dot 2018.06.12 20:45 | 編集
本当に残念で、悲しい出来事ですね。
シマエナガの夫婦のことを思うといたたまれない気持ちになります。
小鳥の巣に人がカメラを向けると、カラスに知らせるようなもの、とよく言います。
私も以前、エナガの巣がカラスに襲われたのをを見たことがありました。
同じ夫婦が再挑戦した巣も、2度もカラスに襲われてしまい、虫を銜えた親鳥がパニックになっていた姿が哀れで、今も忘れることが出来ません。
それ以来エナガの巣は見ないようにしているのです。
カラスが増えるのは人にも責任があるので、増えない対策を考えて欲しいですね。
小鳥たちの子育てが成功することを願うばかりです。
kogamodot 2018.06.13 05:07 | 編集
kogamo さん
そうでしたか、kogamo さんもエナガの悲劇に出会っていらしたのですね。私は畑や林の雑草取りに追われて、しばらくここへ来ていなかったので、現場を見たわけではありません。後から事の顛末を聞きました。カメラを向けただけで、カラスが気づいてしまうこともあるのですか!鳥たちが営巣するこの時期は、細心の心配りが必要ですね。話を聞いてからこの写真を見ていたら、本当に残念で、悔しくて・・・。
min628dot 2018.06.13 15:04 | 編集
初めまして。
ほんとうに残念ですね。何度も記事を読み返してしまいました。
巣立ち間際まで育てたヒナを失った親鳥の気持ちを想像すると胸が痛みます。
去年、公園を散策中に、樹上のヤマガラの巣が、
カラスに襲撃されている所に遭遇しました。
枝の奥で現場は見えませんでしたが、
ヤマガラの悲痛な鳴き声は今でも耳に残っています。

野鳥の巣の周りを囲んで巣立ちの瞬間を待つCMさんから、
こうして人が大勢いれば、カラスが近づかないから
野鳥を助けているのだ、という言葉を聞いたことがあります。
そんな効果もあるのだろうか、釈然とせずその場を立ち去りましたが、
CMさんの食べ物を狙ってカラスが寄ってきてしまうこともあるのですね。
カラスも子育て中なのかもしれませんが、
人間がきっかけを作ってしまうのは、避けなければいけませんね。
私も細心の注意をはらっていきたいです。
ロメオdot 2018.06.13 15:56 | 編集
ロメオさん
初めまして、コメントをありがとうございました。
子育てしている親鳥の気持ちになってしまうと、本当に悲しいですよね・・・。
ただでさえ天敵のいる彼らにとって、私たちがさらに脅威にならないよう、細心の注意を払いたいものです。
ロメオさんのブログを拝見しました。素晴らしい写真を撮ることと、マナー違反しないことが両立できるという、お手本のようなブログでした!( ´ ▽ ` )
私もまだまだ野鳥初心者なので、マナー違反をしてしまわないよう、気をつけたいと思います。
min628dot 2018.06.13 19:04 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top