FC2ブログ
2018
05.27

おめでとう

Category: 出逢った野鳥
日に日に緑が深くなっていきます。5月、一年でもっともまばゆい季節になりました。
決して広くはないアカゲラ林では、いろいろな鳥たちがひしめいて、今がいちばん賑やかです。営巣しているものあり、愛を囁くものあり、威嚇するものあり・・・その様子はまた後日ご報告することにして・・・。
今日は、この世に迎えられた、新しい命との出会いをご紹介します。

このタンチョウ夫婦は、毎年ここで営巣しています。台風で川が溢れ、倒れた木とともに、ヤナギが全て整理されて、すっかり景色が変わってしまいました。それでも、今年もここでひなを孵した2羽。簡単に営巣地を変えないのですね・・・道路沿いですが、さいわい、静かな場所でした。

DSC_8426-4.jpg

DSC_8420-4.jpg

こちらは別の場所で。初めは1羽かと思っていたのですが・・・

DSC_8508-4.jpg

ひなは2羽いました^^

DSC_8509-4.jpg

警戒心もあまり感じられず、こちらにゆっくりと近づいてきます。

DSC_8507-4.jpg

やがて川岸へとおりていきました。

DSC_8517-4.jpg

タンチョウのひなは初めて見たので、とても嬉しかったです^^しかも、2箇所で3羽も!地元の方たちが、長いこと見守ってこられたからでしょう。ここのタンチョウは、順調に繁殖していました。
いつもながら、ご案内いただき、ありがとうございました。

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/457-84cc499b
トラックバック
コメント
タンチョウの赤ちゃんを見る機会などないのですが、なんとも可愛いですね。
小さな雛を見ていると無事に大きくなるのを祈らずにはいられません。
とはいえ、自然界の厳しさを感じることも多いですね。
タンチョウだってお家を流されてもやはり故郷は捨てられないものなのでしょうか。
私たちも同じような気がします。
sage55dot 2018.05.29 15:35 | 編集
sage55 さん
この時期にタンチョウを見かけると、ひながいるかどうか、とても気になります。連れていないと、とても残念な気持ちに・・・これまでは。
今回は、初めて、ひなを見たので、本当に嬉しい気持ちになりました^^
十勝では、一昨年の台風、春先の大雨の影響が、まだあちこちに残っています。何度も巣を構えていた場所から離れて、新しい場所を見つけるのは、鳥たちにとっても、大変なことなのかもしれませんね・・・(*´ω`*)
min628dot 2018.05.29 21:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top