2018
05.09

そうだったのか

Category: 周辺自然観察
先月、ウラホロイチゲの観察会に参加しました。去年は、当日、仕事の都合で行くことができないと言ったら、観察会前に、講師の方がご好意で特別に案内してくださったのですが、その時の姿とはまるで違っていました。去年は咲いたばかりで、花も小さく、葉も紫色で寒そうな姿をしていましたが、今は春の陽をいっぱいに浴びて、荒地の中でたくましく、そして可憐に咲き誇っていました。

DSC_0559.jpg

エゾエンゴサクといっしょ^^

DSC_0564-4.jpg


ウラホロイチゲの見分け方は、茎に細かな毛があることだそうです。

DSC_0567-4.jpg

萼片の数は多くても8枚まで。稀に9枚のものがあるそうですが、講師の方もほとんど見たことがないとおっしゃっていました。

DSC_0570-4.jpg

4月23日の記事で、種類を特定できなかったイチゲは、主催者の博物館の学芸員さんや、講師の方に写真を見ていただいたところ、ウラホロイチゲだったことが判明。
私は昨年の姿がウラホロイチゲと思っていたので、気づかなかったのです。

でも、新たな疑問が。その場所はウラホロイチゲが咲く環境から、少し外れた場所だったからです。客土した土に混ざっていた可能性もあるということでしたが、新たな繁殖地発見かもしれません。学芸員さんがこれから調査してくださるそうです。
ウラホロイチゲは、極東や樺太ではアムールイチゲの名で知られています。日本では浦幌から根室半島までの、太平洋側のみに分布しています。浦幌で発見され、申請したのでこの名がつきました。

別の日、この日も北海道の固有種を見たので、それもついでに。
山間の渓流沿いに咲く、ソラチコザクラ。

DSC_8196-4.jpg

岩肌に張り付くように咲く、小さなサクラソウです。この花は重力に逆らって咲いていました。

DSC_8189-4.jpg

堅い岩肌から、こんなにたくさん。なんて健気な姿でしょう。
十勝、日高山系、胆振地方など、北海道でも限られた場所にしか咲かない、珍しい花だそうです。

DSC_8204-4.jpg

エゾオオサクラソウもたくさん咲いていました。
葉や茎に細かな毛が生えているのが、オオサクラソウとの違いだそうです。
これも道東に多く自生する、北海道の固有種です。

DSC_8194-4.jpg

この日はコマドリやクマゲラの姿を初めて見たのですが、場所が暗く、写真はいまひとつでした。

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/455-703b47f0
トラックバック
コメント
ウラホロイチゲもエゾオオサクラソウも知らない花ばかりですね。
岩肌に張り付くように咲いているのでしょうか?
小さな花がちりばめられているように咲いているのが可愛いですね。

エゾエンゴサクも名前は知っていますが見たことがない花です。新しい花に出会った感動は特別ですよね。
sage55dot 2018.05.10 09:14 | 編集
sage55さん
そうですね、そちらにいたら、おなじみのない花ばかりかもしれません^^;私も、岐阜にいた頃は想像もしていなかった花ばかり。初めて出会う花は、やはり感激しました。今回は鳥を見に行ったはずなのに、花の印象の方が強かったです。ソラチコザクラが咲いていたのは、渓流沿いの湿った岩肌でした。遠かったけれど、たくさん咲いていました。このほかにもエゾキンポウゲか、ミヤマキンポウゲかわからない、黄色い花に会いました。
こちらにはエゾがつく植物が多くて、津軽海峡を超えると、いろいろなものが異なっているようですね。暗くて、カメラの設定があっていなかったため、鮮明に撮れず残念でした。sage55さんのように素敵に撮れたらよかったのですが。
min628dot 2018.05.10 21:14 | 編集
ウラホロイチゲは、浦幌の固有種なんですね。
白いお花がとても清楚で、こちらを向いているような姿がかわいらしいですね。
ソラチコザクラも、初めて見る植物です。
岩場に張り付いて、可憐に咲く花はいとおしさを感じますね。
エゾオオサクラソウは高山に咲く白根葵に似ているようです。
早春に咲く花々の美しさは特別で、目を見張りますね。
貴重なお花を見せてくださってありがとうございます。
コマドリやクマゲラも見られてすごいですね。いいなあ。
kogamodot 2018.05.10 22:17 | 編集
kogamoさん
ウラホロイチゲは、樺太や極東にも咲くので、浦幌の固有種ではありませんが、北海道で初めて申請したのが浦幌町だったため、この名がついたということです。北海道に咲くものは皆この名で呼ばれます^^イチゲの仲間はみんな好きですが、アズマイチゲより野生的な印象です。
私も初めて行く場所、初めて見る植物ばかりで、ことにソラチコザクラとの出会いは嬉しかったです。渓流の向こう側や、高い場所ばかりだったので、近くで見られないのが残念でした。鳥も初見でしたが、林の奥だったり、込み入った木の中だったりして、なかなかきちんと見ることはできませんでした。コマドリの囀は、たっぷり聞いてきました^^
こんなに山奥に入ったのは初めてで、いつもながら、地元の方にお世話になりました。リーダーの方は腰に熊鈴をつけて・・・^^;ちょっとドキドキしましたが、人が数人いたらクマは寄ってこないと言われてホッとしました。
min628dot 2018.05.11 08:21 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top