FC2ブログ
2018
04.08

甘い汁を吸う

Category: 出逢った野鳥

楓やクルミの木が目覚めて、樹液が登り始めると、いろいろな鳥たちが味わいにやって来ます。新鮮な樹液は甘いだけでなく、ミネラルにも富んでいるので、春の特別なご馳走なのでしょうね。

DSC_6704-4.jpg

甘〜〜い!
DSC_6709-4.jpg

どれどれ・・・
DSC_6714-4.jpg

ここが美味しいよ
DSC_6715-4.jpg

どれどれ・・・
DSC_6744-4.jpg

あら、ホント〜♪
DSC_6745-4.jpg


ヒヨドリはアクロバティックに飲んでます

DSC_6813-4.jpg

シマエナガちゃんが来たっ!

DSC_6799-4.jpg

・・・と思ったら、ここからではおちりしか見えなかった・・・。

DSC_6858-4.jpg

ちりコン(注:野鳥のおちり写真コンテスト。ko-jiさん主催)に出すならこれかと思うけど、次の開催はいつかな?でも、それまでに忘れちゃうんだよね。
クルミや楓などから、樹液がしみ出すのは二週間ほど。その間に、たくさんの鳥たちが甘〜い汁を吸いにやって来ます^^でも、みんな悪いやつじゃないですよ^^


関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/448-219da273
トラックバック
コメント
様々の野鳥が次々と樹液を吸いにやってくる
アカゲラの森に来れるなんて幸せな小鳥たちですね。
それを見ることが出来るmin628さんも幸せですね。
ここに住めるのはそれだけでもぜいたくな生活、私も丘陵の近くに住める自分の環境がいいなと思っています。
駅からは遠いのですけれど・・・
シマエナガ、NHKのテレビで放映していましたね。
オチリコンテストぜひ参加してくださいね。
sage55dot 2018.04.11 16:30 | 編集
sage55 さん
ごめんなさい、ここはアカゲラ林ではなくて、私がよく行く場所なのです。ヤマガラもシマエナガも、うちでは会えないのでここへ来ます。それに、同じ十勝管内でも、ここの方がうちよりも半月ほど春が早いのです。毎日通える距離ではないので、たまにしか行けませんが。
うちでもヒヨドリ、ゴジュウカラ、シジュウカラ、ハシブトガラが、イタヤカエデの樹液を飲んでいました。
sage55 さんも、丘陵の花を毎年観察できるところにお住まいなのがいいですね。私も、本当は家の近くで見たいのですが、毎年鳥が来なくなって、他へ出かけるようになりました。夏になると、すぐそばにノゴマやベニマシコ、オオジシギ、林の中にはセンダイムシクイ、ウグイス、アカハラが普通にいたのに、過去がもう夢のようです・・・。
min628dot 2018.04.11 17:16 | 編集
おはようございます。
そちらの小鳥さんたちは、ミネラルたっぷりの樹液のご馳走を吸って、生き生きしていますね。
みんな満足げな表情が良いですね。
ヤマガラにハシブトガラのしぐさも、可愛くてたまらないです。
春が来て、皆さん嬉しそうにはしゃいでいる様子に、ほのぼのとしました。(*^^*)
kogamodot 2018.04.15 05:44 | 編集
kgoamoさん
おはようございま~す、もう昼か。今日は、昨夜からの湿雪が20センチ積もって一面銀世界です^^;雨に変わったので解けると思いますが、毎年、連休まで1、2回こういう日があるとわかったので、うんざりしなくなりました。
樹液が出るのは二週間ほどだそうです。その間に、人間が山菜を見つけて食べるみたいに、嬉しそうに飲んでるように見えました^^
入れ替わり立ち替わり、とても賑やかでした。春の訪れを、みんな待ち焦がれていたんですね。
min628dot 2018.04.15 11:41 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top