2017
12.03

混じってる?

Category: 出逢った野鳥
もうとうに、ハクガンたちは本州の越冬地に行ってしまいましたが、これはまだ十勝にいた頃のこと。遠〜くのハクガンが、今飛び出すかと待っているところ・・・

DSC_5043-3.jpg

すぐそばのデントコーン畑には、200羽ほどの、オオハクチョウの群れが休んでいました。

DSC_5056-3.jpg

ほとんどの人がハクガンに釘付けになっているとき、ここでオオハクチョウの群れを見ていた人が教えてくれました。
「アメリカコハクチョウが混じってる」
え?!そうなんですか?どれどれ・・・・。
「クチバシが全部黒いのがいるでしょう?」
あっ、いました!たしかに、ちょっと小ぶりなのがいますね。

DSC_5065-3.jpg

DSC_5052-3.jpg

「そばにいる幼鳥はファミリーかもしれない」
「ちょっと大きいかなぁ。」
「オオハクチョウとの交雑種かもしれないね」

DSC_5050-3.jpg

DSC_5063-3.jpg


・・・等々、皆さん熱心に観察しておられました。異種が混じっているかも、とはよく聞くけれど、私は熱心に探したこともなかった(反省)・・・。アメリカコハクチョウを初めて見ることができ、感激しました。教えていただいた皆様、ありがとうございます。

とうとうハクガンと私は最後のお別れです。さよなら、また春に会えることを祈って。

DSC_5017-3.jpg

DSC_5021-3.jpg

ここでも異種が?混じっていました(笑)

DSC_5014-3.jpg


関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/433-60abb256
トラックバック
コメント
こんばんは。
たくさんのハクガン、何とも羨ましい光景ですね。
飛んだ姿も圧巻ですね!
アメリカコハクチョウの家族は、毎年こちらでも見られたのですが、ここ数年あまり見なくなりました。
交雑個体も増えてるんでしょうね。
ハクチョウたち、こちらに200羽近く来ています。
この中のハクチョウさんたちも、もしかしたら越冬に飛んで来ているかもしれませんね。
マガンも1羽紛れてやって来ましたよ。(^^
kogamodot 2017.12.03 22:49 | 編集
kogamoさん
こんばんは、遠くからだけの眺めでしたが、ハクガンに出会えただけでも嬉しかったです^^
わたしは初めて見ましたが、アメリカコハクチョウはよく混じっているものなのでしょうか?勉強不足でお恥ずかしいです。
今はもう湖沼地帯が結氷し始めたので、オオハクチョウたちも本州へ向かっているでしょうね。去年の台風の後、護岸工事が行われた影響でしょうか、毎年来ていた川に、オオハクチョウがいないということです。一度破壊された自然はすぐに回復しないので、あちこちでまだ影響があるようです。
min628dot 2017.12.04 22:31 | 編集
ハクガンというの知りませんでした。
もちろんアメリカコハクチョウも・・・
鳥もいろいろな種類があって知らない鳥の多いことです。私は一体どのくらい知っているのかと思いながら見せていただいています。

埼玉県では川島町という所に来るのですが何年か前に見に行きました。来ているのは多分コハクチョウだと思います。
先ほどその川の近くの会社の人がアップしているHPを見ていたら
片羽だけの白鳥というのが出ていました。
こんなこともあるのですね。

最後の写真を見ていたらニルスの冒険の一シーンみたいだなと思いました。
sage55dot 2017.12.07 16:47 | 編集
sage55さん
ニルスの冒険、夢中で読みました^^先頭のアッカ隊長、かっこよかったな〜。
ハクガンや、アメリカコハクチョウは私もこちらにくるまでは見たことがない鳥でした。そして、まだ見たことがない鳥がたくさんいます。私はあちこちに珍しい鳥を見に行ったり、見る鳥の種類を増やしたいというより、自分の周囲に住む鳥のことを、もっと知りたいと思っていました。でもここでは多くのやガン、カモ類は旅鳥でした。だから、限られたごく短い時期に、ある場所に行かないと見られないのでした。
今はもうほとんどが本州へ旅立ち、今度会えるのは春になります。渡り鳥は長い旅の間に、いろいろなことが起きるのですね・・・。
min628dot 2017.12.07 22:22 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top