FC2ブログ
2017
11.08

タンチョウだらけ?!

Category: 出逢った野鳥
この日はタンチョウをあちこちでよく見かけたけれど、ここにはなんと10羽ほど集まっていました。画面に入りきらなかったけど。

DSC_5090-3.jpg

収穫の終わった畑でデントコーンを食べているようです。近くに堆肥を撒くトラクターがガーガー動いていても全然平気。あっ、幼鳥が混じってる。

DSC_5093-3.jpg

もうほとんど大人と変わらない大きさだけど、頭がまだ茶色だと可愛く見えます^^

DSC_5099-3.jpg

親が鳴き交わしを始めると

DSC_5101-3.jpg

「え?なになに?」
DSC_5104-3.jpg

トコトコついて行きましたとさ。おしまい。
来年の春になったら独り立ちしなければなりませんから、今のうちにいろいろ学ばなければなりませんね。
タンチョウの親子連れを見たのは、秋になってから4回目。十勝でも着実に増えています。「うちの近くにはタンチョウとカラスしかいないんだよ、もっといろいろな鳥が来るといいのに」と贅沢な?ことを言う人もいました^^;


関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/431-4ae7f84c
トラックバック
コメント
お久しぶりです。
そちらではタンチョウは過密状態のようですね。
さっき、テレビでもやっていましたが、こちらのタンチョウはなかなか・・・そちらからお婿さんが来てくれることを願っている状態です(^_^;)
なまけ者鳥見人dot 2017.11.08 19:10 | 編集
なまけ者鳥見人 さん
ここちらこそご無沙汰しています。コメントをありがとうございます^^
この時は見たことがないくらい密集していましたが、滅多にないです。ただ、バンディングされるタンチョウの数は増え続けているようです。かつては日本中に生息していたのですから、道内に広がるのもそう遠くないのではないでしょうか。
min628dot 2017.11.08 22:00 | 編集
こんなに沢山のタンチョウが来るなんてビックリです。
普通に近所にいたら・・・
幼鳥は本当にかわいいものですね。
早い段階で独り立ちをする鳥たち・・・
自然界は厳しいですね。
今年はまだこちらの冬鳥は少ないです。
家の前で見かけたジョビ男が・・・
今日も丘陵を歩いてきたのですがシロハラの鳴き声を一度だけ聞いただけでした。
sage55dot 2017.11.09 22:08 | 編集
sage55さん
私も、こんなにたくさん見たのは初めてだったのでびっくりでした。半日でトータル30羽くらい見たでしょうか?釧路に行けば、もっとたくさん集まるのが見られるのですが、これで十分。お腹いっぱいでした(笑)ペアが幼鳥を連れていると、なんとなくほっとします。夏生まれのこの子は春になると親とは別の縄張りを持たなければなりません。それで十勝まではみ出してきたのでしょうね。
カラスとタンチョウしかいない、と言ったのも内地からきた人です。ジョウビタキにシロハラ、ヤマガラ、メジロなど、私も里山で見た鳥たちが懐かしいです。これから丘陵も賑やかになりますね^^
min628dot 2017.11.10 09:00 | 編集
こんにちは。
広大な畑に、美しいタンチョウさんがいっぱい。
私には、夢のような光景です。
お子さんが、可愛い。
鳴き交わしやダンスをする親の姿を見て、いろいろ覚えて行くんですね。
数は増えているのでしょうか?近くで見られるのがよいですね。
私は動物園へ見に行ってみたくなりました。(笑い)
kogamodot 2017.11.10 15:09 | 編集
kogamoさん
十勝のタンチョウはとても増えています。そのためあちこちで見られるようになり、あまり珍しい鳥ではなくなってしまいました。贅沢ですね(汗)特別天然記念物だと知っているみたいに、人が近づいてもそんなに警戒しません。タンチョウ夫婦のコニュケーションなのでしょうか、よく鳴き交わしをしています。求愛ダンスは冬になってからですね。大きくなると、若い個体もよくダンスごっこをしています。農家の堆肥にやってくることが多いので、写真撮るには困ります^^;
なかなか見られない鳥を見るには、動物園がいいですよね。私も富山で雷鳥の雛を見るのにお世話になりました。私はシマフクロウを見たいと思っています。
min628dot 2017.11.10 16:46 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top