2017
10.07

遠い日のこと

この頃は、晴れても気温が低くなって、外で仕事する時は動いていないと寒いです。利尻富士、旭岳、羊蹄山などから次々と初冠雪の便りが聞かれ、紅葉が進んでいます。雪虫もちらほら。夏鳥たちは姿を消し、いよいよ寂しくなっていく秋です。

でもこれはまだ夏の香りが残っていた日のこと・・・。
長女と訪ねた野付半島です。トラクターバスを使わずに先端まで歩いてみると、そこには世界の果てと言われる景色が広がっていました。原生林に、地盤沈下によって海水が入り込み、枯死した姿・・・。

DSC_4760-3.jpg

トドワラというのは、トドマツ、カシワ、エゾマツなどがあった場所のことで、いずれなくなってしまうと言われている風景です。

DSC_4764-3.jpg

そこに遊ぶトウネンたちは、そのことを知りません。

DSC_4750-3.jpg

トドワラの手前にあるナラワラ。
ミズナラや、ダケカンバが多く、同じく枯死した姿をしています。

DSC_4777-3.jpg

奥につながる原生林は、「オンニクル」「ポンニクル」と呼ばれています。それぞれアイヌの人たちの言葉で「大きい林、年老いた林」「小さい林、若い林」という意味だそうです。古代の人々の生活を示す遺跡も出ています。
ここには動物が来なかった・・・。

所変わって、こちらは春国岱。オジロワシもいたのですけど・・・

DSC_4797-3.jpg

この時期一番たくさんいるのは

DSC_4780-3.jpg

アオサギでした。

いぇ〜い!
DSC_4791-3.jpg

そして、「隣の店が飼ってる」と言われるほど、いつも必ずここにいるタンチョウ(笑)春国岱をバックに。旅のはじめは、見ると喜んでいた長女も、ここまでくると「またか」というほどタンチョウをたくさん見ました。

DSC_4794-3.jpg

その長女が一番喜んだのは、春国岱で群れなしていたエゾシカ親子のすぐそばまで近寄れたことでした。(私が近づいて逃げるといけないので、私は撮ってないんだけど、長女のカメラにはたくさん収まっているはず。)

今月も20日ごろまで農家で仕事する予定です。笹刈りもしなければならないのですが、農家の仕事が終わってから。毎年雪がきて中断しないかと心配しながらやっています。今年も早く降らないようにようにと祈るだけです・・・( ̄人 ̄)

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/428-e80bb253
トラックバック
コメント
地盤沈下で海水が入り枯れてしまった木々、ちょっと寂し気です。
この記事では冬の前の少し心残りのような感じが全体にしています。
私の好きだった北海道の作家、原田康子さんのような雰囲気ですね。

タンチョウがぴょんと飛び上がっているのが可愛いですね。
面白い瞬間が撮れましたね。

お嬢さんとの旅行、いいですね・・・
私も娘が若かった頃はよく出かけました。
sage55dot 2017.10.08 16:34 | 編集
sage55 さん
この日は曇っていたので、なおさら寂寥感が漂っていました。何しろ「世界の果て」ですから。原田康子さんは釧路の作家さんでしたね。ずっと釧路でお暮らしだったと思います。野付半島はオホーツク海に面していますが、海霧がかかるのはここも同じです。数年前にきた時よりも、トドワラの木が少なくなっているのに唖然としました。悲しいですが、自然の中の運命なので仕方ないですね。
長女が東京から札幌へ引っ越してきてくれ、長距離の旅行に付き合ってくれるのでありがたいです。何しろ移動距離が長いので・・・^^;鳥を見るためのスコープを担いでくれるのもありがたかった。私一人では、カメラとスコープを一緒に担ぐことはできません。
min628dot 2017.10.08 21:50 | 編集
もう初冠雪の便りが聞かれますか。
寒くなりましたね。
木々が枯れたトドワラの風景は、ちょっと寂しい気がしますが、
トウネンたちがいる姿に、ほっとします。
ずいぶん以前、夏に見た風景はとても素晴らしく、感動でいっぱいになったものでした。
先端まで歩かれのですね。私はレンタカーで行きましたが、ちょっと遠かったように感じたのですが、野付半島を歩かれるって素敵だなあと思います。
自然のなかにいるタンチョウも、本当に素晴らしいです。
まだお仕事が残っているそうで、風邪などひかないように気を付けて、頑張ってくださいね。
kogamodot 2017.10.13 08:36 | 編集
kogamoさん
このところ、最低気温が5度を下回るようになり、朝晩ストーブを焚いています。三国峠では、紅葉も終わり、初の積雪がありました。
こんにちは、コメントありがとうございます^^
ここを訪れたのはもうずいぶん昔のことのように思えてきます。野付のネイチャーセンターに車を止めて、そこから15分ばかり歩くと、トドワラの先端に出ます。その木道の下に、トウネンがいました。キアシシギもいたのですが、日没が近かったので撮影できませんでした。木がとても少なくなってしまって、残念ですが、もう先端に行かないとこの風景がないのです。
仕事が終わったら、また渡り鳥を探しに行きたいです^^
min628dot 2017.10.13 21:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top