2017
08.16

再び、神様たちの暑い庭へ 黒岳編その2

黒岳の頂上で見た鳥は、ここでもノゴマだけでした。すれ違った人に聞かれたので、ノゴマの位置を教えてあげたら、初めて見たと言って喜ばれました。でもカメラを見て、「えっ?こんな重たいのを背負って登ってきたの?!」と驚かれました。普通の登山では背負いませんよね・・・はい、重かったです・・・。゚(゚´Д`゚)゚。(←汗)

DSC_4564-3.jpg

イワヒバリらしい声が聞こえたり、ホシガラスが飛ぶのを見ましたが、ずいぶん遠くでした。頂上でおむすびを食べている時、アマツバメが頭上を飛んでいました・・・。
ええ、もちろんギンザンマシコなんて、これっぽっちもいませんでしたよ(・Д・)ノ(←再び)
「もう少し寒くなってからおいで」と、宿のご主人に言われてしまいました。
・・・ですよね〜(´д⊂)

頂上や登山道は狭いので一面のお花畑はないけれど、それでもここは神様たちが遊ぶお庭へ続く道。多くの花に出会いました。頂上で見たイワギキョウとエゾイワツメクサ。

DSC_0254-3.jpg

同じくコケモモと。

DSC_0255-3_20170815100407865.jpg

石室までのれき地で、イワブクロとエゾツツジ。咲いていたのは立ち入れない場所だったので、ここでも望遠レンズが活躍しました。

DSC_4587-3.jpg

下山途中。登山道のハイオトギリとチシマフウロ。

DSC_0259-3_2017081509503376d.jpg

同じくウメバチソウと。

DSC_0258-3.jpg

ミヤマアカバナと。

DSC_0271.jpg

ナガバキタアザミ。アザミはたくさん見ましたが、これは高山性のアザミらしい。

DSC_0257-3_20170816152221b86.jpg

タカネトウウチソウ。

DSC_0268-3.jpg

日陰でこっそり咲いていたエゾノレイジンソウ。トリカブトの仲間。

P1220482-3.jpg

ヨツバシオガマもたくさんありましたが、もう終わりかけでした。

DSC_0260-3.jpg

行きは花を撮る余裕がなかったけど、帰りは花たちに名残を惜しみながら、下山しました。
リフトを降りたら太ももがつりましたよ〜(*´ω`)
相方は汗もあまりかかないし(そのように歩いてると言ってた。そんなことができるの?!)飄々と登って、降りていたように見えたのですが、後で聞いたら「久しぶりなので相当きつかった」と言っていました。

私は、次回はぜひ石室まで行って、エゾコザクラのお花畑を見たい・・・とは(あの岩場の急登を思うと)筋肉痛の3日間の間は思えませんでしたが、今はもっと鍛えて、ぜひリベンジしたいと思います。それまで近くで訓練しないと。娘に文鳥を預かってもらっているうちに、次はどこの山へ行こうかなぁ。(←懲りてない)


関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/425-79b22d84
トラックバック
コメント
お花の名前:::お勉強させていただきました::
黒岳ってすんごいとこだったのですね@@甥っ子(在札幌時)が登ってたはずですわ::標高1984mにあやかって1984年に学生の時らしい。旭川周辺の昭和生まれの子供たちは赤岳やら旭岳やらを小学校の山の学校で登っておりました。今はどうなのかしら。。ゆとり教育って本来はこういうのじゃないかなと思うこのごろです。。

お身体に気を付けて、北海道の山を楽しんでくださいませ。
ヨモクボdot 2017.08.16 19:57 | 編集
ヨモクボさん
花の名前は「北海道の高山植物」という図鑑を見せてもらって調べましたが、間違ってないかしら?^^;
黒岳はロープウェーとリフトで7合目まで登れるので、なんとかなると思っていたのですが、こんなに急登が続くとは思いませんでした。でも、子供にとってはそんなにすんごいところではないようですよ。この日も小学生が登っていました。登りでは泣き言を言っていたのに、頂上では元気に駆け回ってましたから。子供は元気ですね〜。
山へ行きたいのはやまやまなのですが、このところの天候が・・・(´;ω;`) 
min628dot 2017.08.16 20:50 | 編集
minさん、こんにちは。
黒岳、高いお山へ行って来られたのですね。
岩場を、しかも重い機材を担いでの登山は凄いですね!!
おかげさまで、素敵なノゴマや北海道の高山植物をたくさん楽しませていただきました。
岩に張り付いている、イワギキョウとエゾイワツメクサのショットが可愛いですね。
私は、だんだん足が弱って、もう山歩きが出来なくなったので、
minさんは、あちこちのお山へ登って楽しんで、ブログで見せてくださいね。(^^
kogamodot 2017.08.18 09:14 | 編集
そそんな、高い山に登っていらしたのですか・・・
さすがにお元気ですね。
天上の鳥たちに、そして花たちにお会いになって幸せそうです。
イワギキョウとエゾイワツメクサ、イワブクロとエゾツツジ、ハイオトギリとエゾグンナイフウロ次々と現れる花たちにため息が出そうです。
思いカメラを持っての登山は大変だったと思いますが、気を付けてくださいね。
私は近場の森や林でやっとやっとです。
sage55dot 2017.08.18 16:03 | 編集
kogamoさん
ご覧いただきありがとうございます。黒岳は、7合目まで乗り物で行けるので、楽だと思ったのですが、普段鍛えていないのでヘトヘトでした。カメラも重かったです^^;ただ、登山道に花が溢れているので、それを見ながらなんとか登れたと思います。
広いお花畑は見られませんでしたが、他の花と一緒に咲いているのが珍しかったので、それを撮りました。この日は太陽の光が強すぎて、白トビしてしまいました。
kogamoさんがいつも立山を見せてくださるので、私の方こそ懐かしく見せていただいています。林に住んでいると、季節ごとにしなければならないことがあるので、なかなか旅行はできませんが、今年だけは思い切ってあちこち行ってきました。
来年は、十勝の山に登ってみたいと思っています^^
min628dot 2017.08.18 21:35 | 編集
sage55さん
ご覧いただきありがとうございます^^確かに、頂上に着いた時は広がる光景に疲れも忘れました。なぜ山へ登るのか、わかったような気になりました。知らない人同士、気軽に声を掛け合って挨拶するのも楽しかったです。私も初めて見る花ばかりで、ワクワクしました。花に励まされて登れたようなものです。登山道は狭いし、後ろから前から人がやってくるので、気に入ったアングルを探すゆとりも、あまりの晴天に光を抑えて撮ることもできませんでしたけど^^;
これからも機会があれば、また山へ行きたいです。
min628dot 2017.08.18 21:58 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top