2013
07.28

十勝 道端の夏草たち その4

Category: 周辺自然観察
続きです。
農道脇は、草丈が高くなると交差点での見通しが悪くなるため、安全のために定期的に草刈が行われています。そのため、もうあの花は咲いたかな?と行ってみると、無くなっていたりすることも。(オオクルマムグラがそうでした。また別のところで見つけたらUPします。)
そんな環境でも、花たちは次々に花を咲かせています。
キツリフネ。

P1130185-2.jpg

クサレダマ。

P1130182-2.jpg

ツリガネニンジン。

P1130241-2.jpg

チシマオドリコソウ。

P1130184-2.jpg

ガガイモ。イモといっても食用にはなりません。ヘクソカズラの仲間らしい。悪臭はしませんでした。

P1130177-2.jpg


さらに続きます。

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/42-55910962
トラックバック
コメント
キツリフネを近くの公園でも毎年見られるので、楽しみにしているのですが、先日見に行くと全然咲いていないのにがっかりしました。これからでしょうか?
山手でも、赤いツリフネソウがまだ咲いていませんでした。
ツリガネニンジン、可愛いですね。私も昨日見ました。
気温20℃の涼しい環境でお過ごしなのですね。暑さ知らずでしょうか?羨ましいですね。
kogamodot 2013.07.28 05:47 | 編集
kgoamoさん
おはようございます。今日も雨がしとしと降り続いています。
申し訳ないですが、本州のあちこちで、猛暑だったり大雨だったりのニュースを聞くたび、ここは別の国みたいに思ってしまうほどです。猛暑からは逃れましたが、毎日太陽が拝めず、霧も多く、しけ寒いので、気分的には高揚しません。梅雨のような天気が続いています。こちらのひとは太陽が出ると「太陽さん」と言いますが、よくわかるような気がしました。
雨の合間を縫って撮影に出かけました。もう夏鳥の姿はあまりないので、望遠レンズの出番もありません。
キツリフネは、まだ咲いていないところもあります。オオクルマムグラも、農道の日当たりがよいところは蕾でしたが、林の中はまだまだです。ヨツバヒヨドリも、場所によって花のつき方や色などが違います。
kogamoさんのところも、これからかもしれませんね。
ツリガネニンジンも、紫の濃いもの、薄いもの、白いものなどがありました。これは真ん中くらいです。濃い色のも撮りたかったのですが、つるに絡まれている草が多くて、被写体になりませんでした。
農道の花は、観光地と違い手入れされていないため、ほかの草に隠れるようにして咲いています。見つけるのがたいへんなこともあります。
min628dot 2013.07.28 09:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top