2017
05.27

林の木 エゾノコリンゴ他

ヤマザクラの季節が終わると、ミヤマザクラとエゾノコリンゴが咲き出します。
ミヤマザクラの花びらは、ヤマザクラに比べるととても小さくて、雄しべがとても目立ちます。

DSC_3024-3.jpg

エゾノコリンゴは、サンナシという方が、ここでは通りが良いようです。房のようにたくさんつく花の花びらは丸くて可愛い。

DSC_3009.jpg

ピンクな蕾はもっと可愛くて、大好きな花です。アカゲラ林には数本自生しています。

DSC_3010-3.jpg

リンゴというにはあまりに小さな実をつけるのですが、これが鳥たちの貴重な食べ物になっています。ミヤマザクラにも小さな黒いさくらんぼがつき、これもコムクドリやヒヨドリ、シメたちがよく食べています。
ナナカマドは毎年、木によって花のつきが良かったり悪かったり。今年はこの木にたくさん咲いていました。この実も冬の間、ツグミなど冬鳥たちの貴重な食料になるので、花が少ないと気になります。

DSC_3025-3.jpg

アオバトの落し物でしょうか、この頃林のあちこちで、エゾニワトコが見られるようになってきました。これも夏に赤く実るので、木の実を食べに、今年もアオバトが来てくれると嬉しいです^^

DSC_3029-3.jpg

もうエゾハルゼミが羽化していました。

DSC_3026-3.jpg

このところ何日か太陽が照らず、気温が低いので、寒くてびっくりしていることでしょう。来週あたりから晴れて気温が上がるので、鳴き出すかもしれません。それまでどこかでじっとしているのでしょうか。

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/402-302ca0c3
トラックバック
コメント
とても素敵な春が来ていますね。
野鳥たちが飛び回っている森の木々の美しさに感動してしまいました。
エゾノリンゴ、リンゴの花は大好きです。
小さくてもリンゴはリンゴ、ピンクの優しい色に心が和みました。
アオバトが来るのですか?!
それが見れるなんてうらやましいです。
こちらではアオバトは丹沢の辺りにいて大磯に塩水を飲みに来ると聞きました。
こちらのハルゼミは大きな声で鳴きますが、エゾハルゼミの声も大きいですか?
sage55dot 2017.06.11 17:50 | 編集
sage55さん
こんにちは、そちらは毎日、野花の花盛りですね。こちらは今エゾカンゾウとヒオウギアヤメのコントラストを楽しんでいます。これからエゾスカシユリが咲き出すでしょう。でも、このところ雨が多く、日照が少なくてとても寒い毎日です。岐阜なら冬の気温ですね。
エゾノコリンゴの花も終わり、これからゆっくりと、1センチにも満たない赤い実をたくさんつけます。ナナカマドもエゾニワトコも、たくさん実って鳥の食料になるか、それだけが心配です。アオバトもさくらんぼやニワトコの実を目当てにきているようです。私は海に行ってもさっぱり見られないのです^^;ツルウメモドキも実は綺麗だし、鳥が好みますが、林中にはびこっているので、駆除してきました。蔓が木を痛めるので困るのです。
少しでも太陽が照ると、エゾハルゼミが一斉に鳴き出します。そちらのハルゼミの声とはまた違って、ヒグラシのように涼しげで爽やかな声です。たくさん鳴いてもうるさいと感じたことはありません^^

min628dot 2017.06.11 18:17 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top