2016
12.08

エゾモモンガの親子

Category: 周辺自然観察
まだ秋の頃の、ある日、出会いました。

はじめまして、春生まれのエゾモモンガです
DSC_9025-3.jpg

おっと!あぶない!
DSC_9037-3.jpg

おかあさんといると安心。おっぱいちょうだい
DSC_9047-3.jpg

はじめて飛んでみたけど、怖かったよ!
DSC_9085-3.jpg

お母さんが迎えに来てくれて、よかった
DSC_9088-3.jpg

じゃぁね、おかあさんといっしょに、おうちに帰ります
DSC_9097-3.jpg

けっきょく、この子は巣穴まで飛ぶことができないと判断したおかあさんが、口でくわえて巣に戻りました。
このおかあさんは3匹のこどもがいるそうです。そのせいか、頬がこけて、目だけがぎろっと大きく見えました。エゾモモンガは、もっとふっくらした、まるい顔のイメージでしたけど。
エゾリスのおかあさん もそうだったけど、ほんとに子育てはたいへんですよね。

「エゾモモンガの子が出ているよ」と教えてくださったみなさん、ありがとうございました。
おかげさまで、ほんとに運良く居合わせることができました。


関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/365-67b891bd
トラックバック
コメント
!!か・かわい-い-!!

無事に越冬できる事を祈るばかりですわ。

ヨモクボdot 2016.12.09 09:11 | 編集
ヨモクボさん
お母さんは、なんとかこの子を巣に戻そうと必死だったようですが、こどものほうはおかまいなく、あちこち飛び回っていました^^この子は末っ子だそうです。子どものてのひらに乗るくらいの、ちいさな子でした。ほんとにかわいくて、でも落ちそうになったり、お母さんとはぐれたり、ドキドキハラハラでした。今頃は、巣穴でぬくぬくしているといいのですが。
今日、いよいよ粉雪~♪が降り出しました。砂糖みたいにサラサラです。積もりそうなので、今クルマを除雪の邪魔にならない場所へ移動し、薪を家の中に運び込んできたところです。また溶けるのか、根雪になるのか・・・。
min628dot 2016.12.09 10:09 | 編集
まぁー
なんてかわいいんでしょう。
キャプションがまたしっかり情景を想像させてくれて楽しさ倍増です。
見たことがないのですが、手のひらに乗るくらいというとかなり小さいですね。

「おっとアブナイ」と「はじめて飛んでみたけど、怖かったよ!」
の写真が特に気に入りました。
小さな命が頑張って冬を乗り越えてほしいですね。

sage55dot 2016.12.15 16:15 | 編集
sage55さん
こんにちは~、かわいいでしょ?エゾモモンガは、めったに見られない動物ですが、こどもとなると、さらに出会うチャンスは少ないです。ここは毎日のように来るかたがいて、教えていただくチャンスに恵まれました。感謝です。でも、出会ったことと、いい写真が撮れるかというのは、また別なんですね~^^;ほとんどが枝かぶり。動きが速いので追うのが大変でした。
この子は末っ子ということもあるでしょうが、ほんとに小さかったんです。何度も「あっ、落ちる!」とハラハラしましたが、お母さんはしっかり見ていて、ちゃんと助けに来るのです^^
十勝の冬は厳しいですが、きっと乗り越えてくれると信じたいですね。
min628dot 2016.12.15 16:59 | 編集
ヤバイですね!これ!
ちりコン番外編お願い致します^o^
ko-jidot 2016.12.20 18:32 | 編集
ko-jiさん
やや、番外編って・・・?!
ど、動物もやるの?ko-jiさん、どんだけ忙しかったんでしょ?懲りてないですねぇ(笑)
・・・こんどはデータの中からエゾモモンガのおちり探すのか・・・ orz
min628dot 2016.12.20 21:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top