2016
08.20

エゾの名を持つ植物など

Category: 周辺自然観察
夏の間、じっくりと時間をかけて、ランの仲間が咲き始めます。つぼみから花がてっぺんまでつくのに、2週間以上かかるでしょうか。
オオヤマサギソウは去年よりも数を増やしていました。

DSC_8046-3.jpg

エゾニュウのところでもややこしかったけれど、トンボソウの仲間もなかなかややこしい。
大きさがいろいろなのは個体差なのかと思っていましたが、図鑑によると、6月ごろから咲く20~40㎝くらいのものはヤマサギソウ、7月から咲く40~60㎝くらいのものはオオヤマサギソウですって。どうりで、長い間咲き続けていると思った。私には花にも違いがあるのか、
わかりませんでした。

DSC_0259-3.jpg

こちらは原生花園で7月7日に見たもの。花のかたちが少し違います。
これはどうやらエゾチドリ。

DSC_7900-3.jpg

そして、エゾスズラン。ふつうのスズランはユリ科だったのですね。これはラン科です。
とても地味なランですが、よく見るとランらしい花をしています。
これも今年たくさん増えました。大小いろいろなものが、林のあちこちに姿を見せています。

DSC_8392-3.jpg

エゾカワラナデシコも今年増えましたが、花の盛りが雨続きで、花びらがくしゃっとしています。今はもうもう終わりかけです。

DSC_0267-3.jpg

まだお盆の頃に、もうエゾトリカブトが咲いていた!!

DSC_8496-3.jpg

ちょこっと早いんでないかい?!

DSC_8493-3.jpg

美しい花なので、見つけると嬉しいのですけれど、これが咲くともういよいよ秋なのか~!!と思います。秋になれば、夏鳥たちが林からいなくなる・・・そう思うと、この花を見るのが寂しくもあるのです・・・

2013年のエゾトリカブトは こちら (今年とは別の場所、2カ所で撮影しています)

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/354-bc75d221
トラックバック
コメント
こんなにもトンボソウの仲間のランが見られるのはとてもうらやましいです。
元気そうに咲いているのを見ると「今年も咲いてくれたのね」って声をかけたくなりませんか。
エゾカワラナデシコ、エゾトリカブトとエゾが付くとどんな風に違うのかしらとつい思ってしまいました。
この美しい花たちはアカゲラの林やご近所で見られるのでしょうか。
でもこの花が咲くともう秋、ちょっと寂しいという気持ちはよくわかります。
こちらでも秋の虫たちが盛んに外で鳴いています。
sage55dot 2016.08.20 21:57 | 編集
sage55さん
そうですよね「今年も数を増やして、咲いてくれてありがとう」と、ここで言っておこう^^;
林の中では笹や草の緑にまぎれているので、白い花が咲くまで存在自体に気づかない事が多いです。見つけたら目印をたてていましたが、数が多くなると花が咲いてから気づくことになります。何しろ、繁殖力旺盛な畑の雑草が紛れ込むのを防ぐのに躍起になっているため、だんだん花との出会いを喜ぶゆとりがなくなってました・・・反省。
それでも、延々草刈りしている途中に、ふと花やキノコを見つけ、鳥と出会うことは、喜びにちがいありません^^
エゾトリカブトもシャジンなみに変種が多く、葉の切れ込みが深いものは名前が違っていたり、分布する場所によって違っていたりします。花の色も場所によって濃いもの、薄いものがあります。道東にはやや切れ込みが深い葉をした、カラフトブシという名前のものがありますが、私にはこれがそうなのか特定できません^^;まとめてエゾをつけてしまいました。本州のトリカブトは、葉の形が違っているように思えます。
min628dot 2016.08.21 10:22 | 編集
こんばんは。
トンボソウの仲間は多くて、名前もよくわかりませんが、山で出会うとすごく嬉しくなります。
エゾスズランが可愛いですね!下向きに咲く花がスズランに似ているからかな?
ピンク色の可愛らしいエゾカワラナデシコの花が、雨で痛められてかわいそうですね。それでも負けずにけなげに咲いていますね。
やっぱり、本州のカワラナデシコより葉が細いとか、少し違うのかな?エゾトリカブトも、たくさんお花をつけてきれいですね。
そろそろ秋の花が咲き始めているのですね。私も山の花を見に行きたくなりました。でも土日は天気が良くないんです。
そちらは、2度目の台風が通って大変でしたね。大丈夫でしたか?
kogamodot 2016.08.24 19:14 | 編集
kogamoさん
1週間のうちに、3つも台風が通り過ぎていきました。ご心配いただいてありがとうございます。道内は、まだあちこちで土砂崩れや河川の増水があって心配ですが、アカゲラ林は何とか無事やりすごしました。これから片付け・・・と思っていたら、今週も雨ばかりのようでうんざりしています。
kogamoさんからエゾのつく植物を・・・と、記事のヒントを頂いてからずいぶん経ってしまいましたが、家の近くでまとめてみました。あらためて見ると、私にはエゾとそうでない植物の違いはあまりはっきりしていません。植物に詳しい方が見れば決定的な違いがわかるのだと思いますが、私には葉っぱの形がちょっとちがうかな?・・・くらいです^^;エゾじゃないほうも、岐阜でじっくり見る機会があったわけではないので・・・。カワラナデシコも、エゾの方が花の切れ目が深いかな?くらいの違いしかわかりません。
エゾスズランは上から見ると薄緑のとても地味な姿をしているので、下から覗いてみるまで花の姿を詳しく知りませんでした。これだけ大きな株だと花も見応えがあります。林に来てからたくさんの植物や菌類に出会って、自分でもその姿や種類に驚いています。
min628dot 2016.08.25 09:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top