2013
08.02

ウグイスの巣

私にとって、一番びっくりしたのがこの事件。でも、肝心のところが写真に撮れてないのでUPしてもつまらないかと思い、ためらってきました。でも、私にとって大切なことだったので、やはり記録しておきます。

遡って、6月27日のこと、、家の周囲を刈り払いしていた夫さんがみつけました。

P1120540-2.jpg

鈴木まもるさんの「鳥の巣図鑑」で調べると、ウグイスの卵とわかりました。親が巣を放棄しないか心配でしたが、幸い、7月に入るとすぐに、ひなのシイシイという声が聞こえるようになり、ほっとしました。
この頃、寒い雨の日が続きました。ウグイスのおかあさんは、ひなたちの傘になって雨にうたれているのだと思うとちょっと切なかった・・・。
いちどだけ、何日も気配が感じられなかったので、もう巣立ったかとつい覗いてしまったら、クチバシの黄色だけが目立つ、真っ黒いひなが3羽!!身じろぎせず、じっと固まっていました。危険が迫ったらこうするのだと、遺伝子に書いてあるのでしょう。びっくりしたのと、ひなを驚かせてしまったのとで、動転しました。それに、おかあさんが近くで見ていたら・・・と思うと、カメラを取りに行って、もう一度ここへ来て撮影する気になれなかった・・・。
だから、ひなの写真はありません。
次に撮影できたのは、7月19日。空っぽの巣です。

P1130078-2.jpg

少し前から、チイチイ鳴きながら藪の中を飛び交う、地味な小鳥が3~4羽みられました。おそらくこれが巣立ちひなだったのでしょう。託卵もされず、放棄もせず、天敵に襲われることもなく、なんとか巣立ってくれたのだと思うと、力が抜けました。
巣の大きさは直径15センチくらい。産座にあたるところは10センチほどです。

P1130123-2.jpg

片手に乗るくらいの、小さな巣でした。

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/35-755c2f21
トラックバック
コメント
ヒナが無事に巣立ってよかったですね♪
ウグイスの卵はチョコレート色と聞いて、アズキ色のような赤い殻も見たことがありましたが、
このウグイスさんの卵は、薄茶色ですね。いろいろあるんだとわかりました。
ササの葉に包まれた巣の中の産座は、柔らかそうな繊維のようなものが敷かれているのですね。
珍しいウグイスの巣と卵のUPをありがとうございました。
↓の記事で、これまた珍しい牧草ロールを見せて頂きました。
そちらならではの、絵になる風景にうっとりです~
kogamodot 2013.08.02 20:55 | 編集
kogamoさん
こんにちは、コメントありがとうございました。
巣のあるところがとても暗かったので、フラッシュで撮影したので、卵の色がやや明るく写っていると思います。
真っ黒なひなの写真がないので説得力が・・・(汗)でも、ひなたちをフラッシュで撮影するわけにはいかなかったから、これでよかったです。
外側は太い牧草などが使われていましたが、産座にあたるところは繊細なところを使ってありました。本能とはいえ、鳥の巣の造形はすばらしいと思います。

↓牧草ラッピングもおもしろいけど、ロールにするところもまたおもしろいんです。牧場のお仕事なんだけど、観光にきたひとは、これを見たいと思いますよ^^
min628dot 2013.08.03 16:25 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top