2016
07.10

夏の賑わい

コムクドリたちが巣立ってしまい、林の中はすっかり静かになって・・・ということはなく、ほかの鳥たちも姿を見せてくれました。
アカゲラ若。今年もどこで巣をもったのか分からずじまいでしたが、これでまだアカゲラ林と名乗れそうです。

DSC_7720-3.jpg

コサメビタキが、最近林に入ってきました。美しいさえずりを聞かせてくれます。
去年巣を作ったあたりにいるので、もしかすると繁殖に入っているかも?と思っていますが、どうでしょうか。

DSC_7686-3.jpg

シメは今年もここで繁殖してくれました。

DSC_7770-3.jpg

幼鳥。親から食べ物をもらっているのを何度か見ましたが、今日はヒトリでサクランボを食べに来ていました。

DSC_7989-3.jpg

ヒヨドリは、まだ飛び方が危なっかしいので、巣立ったばかりとみられるひなを連れていました。明け方で暗いけど、証拠写真です。
ひなは3羽。くちパッキン(馬蹄斑)がかわいい^^

DSC_7967-3.jpg

ヒヨドリは乱暴者のイメージであまり好かれていませんが、アカゲラ林では他の鳥たちから頼りにされているように思います。
猛禽が林に近づいたとき、カラスやモズが入ってきたときなど、つんざくような鳴き声をあげて警戒します。すると、他の鳥が一目散に逃げ出すのです。私が立っているのに気づかないのかと思うくらい、すぐそばを飛んでいくので驚いたことがあります。

DSC_7911-3.jpg

そして、この朝なんとアカハラがやってきました!
右下にいるのは♀でしょうか、それとも幼鳥?

DSC_7934-3.jpg

「キョロン、キョロン」と親が鳴くと、「キョロッ、キョロッ」と応えるこえがするので、幼鳥を連れているのではないかと思います。春先、去年アカハラが営巣した場所あたりに、アオジが入って巣を作ったので、別の場所でひなを孵し、幼鳥をここへ連れてきたと想像しています。昨年も、今頃ここから幼鳥を連れて他の林に移動していましたから、秋の渡りにむかって、そろそろ移動の準備を始めているのでしょう。ともあれ、無事に帰ってきてくれて嬉しいです^^夕方も鳴いていたので、まだしばらく居てくれるかもしれません。
これで、今ごろになって、センダイムシクイをのぞく、去年までのメンバーが出そろったことになりました。
今日は林ではじめてエゾムシクイの声を聞いたり、エゾセンニュウの声がしたり、明け方の林は、たくさんの鳥の気配がしていました。

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/343-20a609dd
トラックバック
コメント
おお~林の中が賑わっていますね!
シメの子、いいな~可愛いなぁ(*^ ^*)
ヒヨの子も、可愛いのは知っているのですが、なかなか若を見ないのですよ。
minさんの林はいろんな種類が繁殖してて良いですね。
それと役に立つヒヨちゃん、いつも騒がしいばかりのイメージでしたが、そんな頼もしい面があるなんて・・
きっとこの記事を見て感涙してるのではと想像しました(多分ホンニンは自分とこの家族だけのためでしょうが)

今はお忙しい時期でしょうね。
体調崩さず頑張ってくださいね(^^)ノ
Simcodot 2016.07.12 16:41 | 編集
simcoさん
お気遣いありがとうございます。(さんざんグチってすみません^^;)
シメの子、なんとか撮影しようと頑張ったのですが、葉陰や繁みの中などばかりで、ぜったいに、目立つところに出てこないのです。とうとう根負けしてこんな写真になってしまいました。親の方は堂々と姿を見せるのですけど。コムクドリのあとは、シメの子たちのピイピイというこえが林に溢れています。
ヒヨドリは、岐阜のバードテーブルでは乱暴者でしたね^^うるさいのは相変わらずなのですが、一日中林の中にいることはないので、そんなに気になりません。その声を他の鳥が利用して?逃げ出したり身を潜めたりいたんです。たしかに、ヒヨドリは自分ではそんなつもりはなかったのでしょうね^^
min628dot 2016.07.13 08:22 | 編集
こんばんは。コムクドリのヒナたちが無事に巣立って、アカゲラが戻って来たのですね。
コサメビタキちゃんの愛くるしさは、たまらんですね。
シメさんのお子さんも可愛い~。幼鳥は胸に班があるのでですね。冬鳥のシメしか知らないので、ヒナを始めて見て感激しました。
アカハラ親子もやって来たのですね。
こちらをお訪ねすると、春先に会えた鳥たちが見られて、ほっこりした気分にさせていただけます。
お仕事お忙しいのですね。お気をつけて頑張ってくださいネ。
kogamodot 2016.07.13 18:25 | 編集
kogamoさん
おはようございます。夜は早く寝てしまうのでご返事遅くなりすみません^^;
毎日林の中を見回って、繁殖力の強すぎる草や木を取り除いています。花がつくまえにと思うと、忙しいです。
シメの子は、カワイイ声でピイピイよく鳴いています。お腹がまだらで、顔はまだいかつくありません。ここで繁殖しているのを確認してから2年目になります。前の冬はここで越冬したので、私は一年中見ていることになりました。そちらでは冬鳥でしたよね?まだとまどっています^^;図鑑では「夏鳥、一部越冬」と書かれています。アカハラもコサメビタキも「夏鳥」です。去年までここで子育てしていました。春にそちらを旅立ったのが、ここで子育てしているのですね。そして、ゴジュウカラとハシブトガラは「周年」と書かれていますが、アカゲラ林では子育てを終えると夏の間どこかへ行って、冬が近くなると戻ってくるので、私には「冬鳥」みたいな気がしてしまいます(@@)
min628dot 2016.07.14 08:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top