2016
05.29

夏鳥を見に その2

Category: 出逢った野鳥
ここでいちばん会いたかったのはオオルリでした。これまでなぜか縁がなく、まともに見たことがなかったので・・・

DSC_6338-3.jpg

背中は撮れなかった^^; 暗くて写真はいまひとつでしたが、ようやくじっくり見ることが出来ました。きれいなさえずりも、たっぷり聞いてきました。

DSC_6401-3.jpg

ハルニレにいたのは、シメの群れ。身体をのばして食べているのは翼果です。

DSC_6175-3.jpg

う~ん、恥ずかしがって?隠れちゃったけど、求愛給餌をしています。恋は実るかな?

DSC_6169-3.jpg

ヒーツーキー、というエゾムシクイのこえも聞かれますが、なかなか姿は見えません。
・・・これは?

DSC_6542-3.jpg

残念、センダイムシクイだったようです。下から見ても見分けはつかないのですが、別のかたが撮った写真で、教えていただきました。
シマエナガも見たのですが、子育て中なのでしょう、一生懸命食べ物を運ぶ姿は、あの天使のような姿からは想像つかないくらい、げっそりとしてお疲れさまな姿でした。あのイメージを壊さないように、写真は非公開(←じつは暗すぎただけ)

おまえは誰だ?! ・・・ってくらいわけのわからないのがいました。

DSC_6467-3.jpg

・・・はい、水浴びしたあとのゴジュウカラでした。もはや鳥ではない姿(笑)しばらく羽繕いしていましたが、なかなか元通りになりませんでした。
さいごに、ここへ行く途中で見た電柱オオジシギ。オオジシギも年々、近所で見る数が少なくなっていく鳥です。近くの谷地も整備されてしまったからなぁ・・・。

DSC_6779-3.jpg

楽しい鳥見でしたが、アカゲラ林に帰ってくると、響くのはエゾハルゼミのこえばかり。
やっぱり寂しいけど、今年はセンダイムシクイがいないので、去年できなかった林床の草取りに励んでいます。すると思いがけないところにランが出ているのをみつけたり^^
今年は花を楽しむことにします。

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/335-7c8a6958
トラックバック
コメント
こんばんは。
美しいキビタキに続いて、綺麗なオオルリも堪能されて良かったですね。
今年はオオルリもセンダイムシクイもちらっとしか会えませんでした。
それで、昨年子育てをしていた渓流へ行ってみたのですが、どちらも声が聴けなくて、しょんぼり帰ってきました。
水浴び後の生き物?答えをおしえてもらわないとわかりませんでした(^^;可愛いですね。
オオジンギは、見たことがありません。高いところに留まっていてよい子ですね。 
kogamodot 2016.05.29 19:25 | 編集
kogamoさん
春から夏は、毎日しなければならないことがたくさんありすぎて、ついご無沙汰しています。こんどゆっくり訪問させていただきますね^^;
夏鳥たちに会いたくて、私にしては珍しく、鳥見のひとがたくさんいる場所へ行ってきました。けっして広くない場所ですが、鳥密度が高く、人が集まる理由がわかりました。それなのに、たくさんいるゴジュウカラやシジュウカラを見たときも、なんだか嬉しくて^^おなじみさんが、当たり前にいる、というのが私には安心できます。
お話しを聞いていると、今年は夏鳥がとても少ないのだそうです。北海道だけかな?私は、林も含めて近所の環境が鳥にとって悪化したからか、と思っていたのですが。もしや冬の間、南のほうでなにかあったのでしょうか??ちょっと心配になりました。
とてもたくさんの鳥に出会っているkogamoさんでも、今年はあまり出会えない夏鳥もいたのですね。私は、できれば近くのフィールドだけで鳥を見ていたいので、毎年見られる種類が減っているのはとても残念です。
min628dot 2016.05.29 21:05 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top