2016
04.21

まだまだいるぞ

Category: 出逢った野鳥
今シーズンは、ハギマシコに会えただけで、渡りの小鳥は、さっぱりでした。オオハクチョウとマガンたちはいつもいてくれて、毎日ねぐら入りをお見送りできて、嬉しかったのですが。今も、夕方「ヒミツの沼」方向に飛んでいくマガンを見ます。

DSC_5261-3.jpg

先日クルマで回ったときは、タンチョウばかりが目につきました。ペアもいましたが、1羽だけでいることが多かったです。6羽ほどスルーしましたが、ここは4羽いたのでクルマを停めました。 先日幼鳥3羽がいた場所 です。尾羽の黒さから、親がいるのかと思いましたが、あのときの幼鳥3羽と、若い個体1羽のようでした。

DSC_5773-2.jpg

夏の間、こういうグループが怖いもの知らずに道をふさぐので、交通事故が心配です。

DSC_5770-3.jpg

おまけ。ヒミツの沼にて。広すぎてぜんぜんおさまりませんが、目の届く範囲すべてに、マガン、オオハクチョウ、カモ類、カモメなどがいます。ときどきオジロワシも。

DSC_5829-2.jpg

DSC_5747-3.jpg

おまけのおまけ。これも遠すぎて鮮明ではありませんが、初めてだったので^^;・・・
ヨシガモさんかな?

DSC_5331-3.jpg

ウミアイサはものすごく用心深くて、すぐに飛び立ってしまいました。

DSC_5349-3.jpg

こんなに遠いのにな~(´∀`;)

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/322-5a3fae71
トラックバック
コメント
こんにちは、

ヒミツの沼~いいですねぇえ。
ガンといえば、ニルスの不思議な旅「アッカ隊長」を連想するんですよ~。(昭和世代)

ヨモクボdot 2016.04.21 14:10 | 編集
ヨモクボさん
ヒミツ、というのは、自分のいるところに近いから、隠してそう言ってるだけなんです^^;スミマセン。実際、有名ではありませんしね。
「ニルスのふしぎな旅」は、昭和世代だけでなく、永遠の名作ですから~。私も夢中で読みましたし、ウチの子も子供向けのを読んでました。私が原作をオリジナルで読んだのは高校生になってからだったかな?(←遠い昔すぎて思い出せないらしい)オリジナルは長くて、シビアなところもあるので、子供向けに短くしてあるものがほとんどですね。
畑でのんびり、よちよち歩いてるマガンを見てると、あのアッカ隊長のイメージはないですね^^;そうか、北へ行くときは、雁行のトップにいるのがアッカ隊長なんだ!これからそう思って見送ることにします(^o^)ゞ
min628dot 2016.04.21 17:56 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top