2016
04.07

タンチョウ親子に再会・・・かと思ったら!

Category: 出逢った野鳥
マガンやオオハクチョウが降りていたのは、ご近所だけではありませんでした。町のはずれにあるデントコーン畑。ここにはヒシクイも混じっていました。

DSC_5371-2.jpg

・・・え?同じような写真ばかり見せられて、もうおなかいっぱいですか?^^; 
すみません。でも大丈夫、今日は別の鳥にも遭いましたから。
タンチョウが3羽です^^ この場所なら あのとき の親子ではないか!?嬉しい再会!

DSC_5360-2.jpg

・・・あれ?よく見ると、3羽とも幼鳥みたいです。
そうか!もう親と別れて、幼鳥同志が集まって暮らしているのですね。

DSC_5389-2.jpg

そのとき、突然パフォーマンスを始める幼鳥その1!

DSC_5394-2.jpg

クチバシに枝をくわえて、ぴょんぴょん跳ねます。

DSC_5401-2.jpg

求愛の練習だろか?まだ早いのでは^^;2羽目もつられて、大胆に飛び跳ねました。

春なんだから!
DSC_5409-2.jpg

はい、こんどは君の番だよ!
DSC_5417-2.jpg

・・・興味なし (その3は、♀だったのかも)
DSC_5419-2.jpg

独り立ちした幼鳥たち、どうぞ春を謳歌してください。そして、生き延びてください。
交通事故にはくれぐれも気をつけてね。



関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/319-6d65860f
トラックバック
コメント
こんばんは。
ヒシクイもやって来て、賑やかになっていますね。
広大なデントコーン畑が渡り鳥たちを支えているのですね。
自然はうまく出来ているものと、つくづく感心しました。
3羽のタンチョウの幼鳥さんたちが自立して、パフォーマンスの練習も頑張っていて、偉いなあと思います。
3羽目は雌だったのですね。可笑しくて吹き出してしまいました。
皆さん逞しく生きて、長生きして欲しいですね。
kogamodot 2016.04.07 22:01 | 編集
kogamoさん
私が見たところでは、彼らはほとんどがデントコーンの畑に降りていました。しかも、雪が溶けると、順番に移動していくんですよ。今度はここかな?と目星を付けて待っています。
(´艸`) 農家も、デントコーンなら、刈り残しを食べていってくれるほうが助かるのでは。
(小麦の畑に来られると困るそうですが^^;)
昨日から、マガンとオオハクチョウはご近所から4キロ離れた畑に移っているのを発見しました。
タンチョウのオスメスはわからないのですが、3羽目だけ知らん顔していたので、女の子かな~?と思ったり。妄想ですけど^^;
この日は別のところで、大人のペアがまったりとくつろいでいる姿も見たのです。ようやく幼鳥を独り立ちさせて、やれやれと思っているところだったかもしれませんね。
min628dot 2016.04.08 09:38 | 編集
幼鳥たちが一人立ちして、一緒に行動しているのですね。
そういえば前に見たとき、幼鳥が何か面白い動きをしていたような。
大人は餌を食べるシーンが多いですが、幼鳥の行動は面白いですね(^^
最後のモフモフの羽!、宝塚ですねー。スターっぽいです。

もう雪はなくなりましたか?
こちらは目に入る部分はなくなりましたが、天気予報ではまだ「雪」が出てくるのでがっくりです(´д`)
Simcodot 2016.04.08 17:17 | 編集
simcoさん
3羽とも幼鳥だけ、というタンチョウを初めて見ました。去年も春、タンチョウの怪しいパフォーマンスを見たことを思い出しました。大人でしたが「タンチョウ体操」なんてタイトルつけてました。何だったんでしょうか??
雪はずいぶん溶けてきましたが、林の周辺は毎年最後まで雪が残ります。まだ、深いところは30センチくらいあるんですよ ~┐(´д`)┌
雪マーク、こちらも明日出てました(^_^;)でも、今朝もマイナス5度だったのに、雨だったから・・・もう雪は要りませんね(笑)
min628dot 2016.04.08 21:03 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top