2016
04.09

アカゲラ林の早春 2016

あっちだこっちだとご近所のマガンを追っかけしているあいだに、林の中は、春の兆しが見られるようになってきました。

DSC_5004-2.jpg

昨年秋、林床を片付けていたとき、フッキソウかな?と思われる群落を発見しました。そのときの姿のまま、雪の下に眠っていました。もしフッキソウなら、今年、初めて花を見ることになります。

DSC_0165-3.jpg


エゾユキウサギのフンも見つかりました。これも雪の上では見たことがなかったのです。
軽くて乾いていて、コルクボールみたい。近くの枝に、食痕もみつかりました。

DSC_0127-2.jpg

桜の若木も、食べられてかなり短くなってしまいました ;;
NHK BS3 「ワイルドライフ」で見たとおり、斜めにすっぱり刃物で切られたような食痕が。

DSC_0129-2.jpg

この冬も、足跡とフンしか見ることは出来なかった、エゾユキウサギ。番組によると、冬じゅう、身一つで保護色頼りに雪のなかに身を潜めて暮らし、敵に見つかっても時速80キロものスピードで逃げきることができるとか。繁殖の時も巣穴を持たずに子育てをするようです。用心深くなければ生き延びられないですね。
番組に「出演」していたのは、天塩のエゾユキウサギでした。
オオアカゲラが、別の木にも食痕を残していました。残念ながら、あれから姿を見ることはありませんでしたが。

DSC_5032-2.jpg

今はまだ春の助走期間。このあと一気に春がやってきます^^

DSC_5129-2.jpg

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/318-a9cf1eae
トラックバック
コメント
フキノトウが雪の間から顔を出しているんですね・・・
春の兆しがあちこちで見られると心もウキウキしてきますね。
フッキソウに似ていますよね。
いずれにせよ芽が中心部に見えているので何か変化はありそうです。これも楽しみ、連休の頃にはもう雪は消えていますか。

最初の頃のお家を建てられた所を読ませて頂きました。
私にとっては夢のように思える素敵な生活ですね。
こちらのブログ私もリンクさせて頂いていいでしょうか?
sage55dot 2016.04.09 16:42 | 編集
sage55さん
リンクの件、ありがとうございました。こちらのほうも、どうぞよろしくお願いいたします。

ユズリハにも似ていると思ったのですが葉にギザギザがあったので、フッキソウかなぁ?と・・・。花が咲くのを楽しみに待ちます。
林の中は、日に日に白いところがなくなっていきます。でも、畑を耕そうとしたら、まだ土が凍っていました^^;こちらに来たばかりの頃のことを読んでくださったのですね。家といっても、二人で暮らすのがやっとの狭い掘立て小屋で、内装もしていないので、現代の開拓小屋のようなものなんです。春と秋は農家の手伝いをし、暇さえあれば林で片付けして、薪割りして、素敵とはほど遠い生活です^^;岐阜の友人も、仕事とも別れて、思い切ってこちらに来ましたが、雪に閉じこめられると、寂しさをおぼえますね(=_=)
min628dot 2016.04.09 21:10 | 編集
こんにちは。
雪の中から、顔を出したふきのとう。「春だよ」と言っているみたいで嬉しいですね。
エゾユキウサギ、見てみたいですが、そうとうすばしこいのでしょうね。
私は、何年か前、河原で真っ白のウサギに出会ったことがありました。その時はシャッターを押すより逃げ足が速かったです(笑)
その場に生き物がいなくても、食痕や糞を見ると、彼らがメッセージを残してしているようで楽しい気持ちになりますね。( ^^)
kogamodot 2016.04.10 10:19 | 編集
kogamoさん
私も、雪の中蕗のとうを見つけたときは嬉しかったのですが、今はもうあちこち蕗のとうだらけで、感動はなくなってしまいました^^;これから、カタクリやエゾエンゴサクが咲き始めたら、本当に春が来たと思えるので、嬉しいですね。
本州にいるノウサギも、冬は白くなるのですね。やっぱり逃げ足は早かったですか?でも見られただけでも運がいいです。
雪があるときは、キタキツネがエゾユキウサギを追う足跡が見られたり、エゾヤチネズミがヒマワリの種を食べに来たりする痕跡を見ることができて楽しかったのですが、今はフンしか残っていないですね^^;
エゾユキウサギを見ることは出来なかったけれど、まだ林の近くに生息していることが分かって嬉しいです。
min628dot 2016.04.10 21:36 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top