2016
03.29

ゴジュウカラの巣づくり

アカゲラ林は雪解けがすすんでいますが、まだ至るところ雪だらけです。
アカゲラは追いかけっこ、ヒヨドリは2羽仲むつまじく、交代でミカンを食べにやってきます。シジュウカラたちも、だんだん群れがばらけて、ペアで行動するようになってきました。そんななか、一足早く巣を決めたゴジュウカラが、木の幹に引っかかっていた枯葉をちぎっていました。

DSC_4877-2.jpg

あっ、ここに運んでいたのか。どうやら、去年の巣穴ではなく、コムクドリが使っていた下の穴を、今年の巣に決めたようです。

DSC_4879-2.jpg

辺りを警戒して・・・

DSC_4886-2.jpg

警戒して・・・

DSC_4885-2.jpg

警戒してから巣に入り、入り口付近をしきりに突いていました。

DSC_4880-2.jpg

まだ、乾いた巣材は地上にほとんどないためでしょうか。このあとも、樹上から枯れた葉をちぎって、何度も運び込んでいました。卵が孵るころにはすっかり春になって、その頃にはひなのえさになる虫も出てくるでしょう。その時期にあわせて、産卵するのでしょうね。

DSC_4887-2.jpg

それにしてもよく曲がる身体ですね^^


ゴジュウカラの巣、過去記事より↓ 

1月23日 気の早い?ゴジュウカラ

2月11日 巣穴を決めた?ゴジュウカラ

関連記事
トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/315-cfded430
トラックバック
コメント
こんにちは。
ゴジュウカラのベアは、子育てする巣が決まって巣材運びが始まったのですね。
ほんとに。警戒しながら慎重に巣を出入りする姿がいじらしく思います。
この後、可愛い子をたくさん産んで育てて欲しいですね。
我が家の畑に立てた巣箱にも、先日からヤマガラが苔を運んでいました。
今は全く動きがありませんが、抱卵中なら無事に子育てに成功して欲しいと願っています。
kogamodot 2016.04.01 09:16 | 編集
kogamoさん
雪解けがすすんでいるといっても、まだ朝晩氷点下で^^;でも、春は突然、爆発したようにやってくるし、ひなを育てる頃には、林の中が虫だらけになるんだ・・・と、ゴジュウカラに教えてもらった気がします。私のほうが、季節の訪れに鈍感なのかもしれません。
畑の巣箱にヤマガラ!いいですね~、無事にひなを見たいですね。
林の中に巣箱をかけようか、去年も迷ったのですが、結局かけていません。アカゲラ林は狭いので、繁殖する鳥たちがもつテリトリーが満杯のような気がしているのです。へたな場所に巣箱を置いたらケンカになるかなと思ったり・・・。エゾシカ林のほうは去年までほとんど手つかずだったのですが、鳥の繁殖がみられないので、巣箱をかけるとしたら、エゾシカ林かなと思ったり。もう少し観察してみます。そろそろワラビ原のハシブトガラもあの巣穴に入っているでしょうか。こんど見に行こうと思います^^
min628dot 2016.04.01 10:31 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top