2016
01.18

鹿追町で誕生日

Category: 生活
鹿追町のイベントハッピーバースディキャンペーンに参加してきました。誕生日に鹿追町へ行くと、その日と翌日、鹿追町で使える3000円分のチケットが頂けるのです^^

DSC_0392-2.jpg

まず然別湖に行ってみました。途中、扇が原展望台から見た、冬の十勝平野。

DSC_0377-2.jpg

町は晴れていたのですが、然別湖に着くと雲がかかって雪が舞ってきました。風も出てきて、寒っ!!鳥の気配なんかまるでなし(笑)

DSC_0380-2.jpg

このときはまだ全面結氷しておらず、全面凍るまで「あと2~3週間くらいかかるかな」とのこと。こんなのは初めてだそうです。奥の方はなんとなく凍ってなさそう・・・。

DSC_0384-2.jpg

湖畔にあった謎の家・・・これは?

DSC_0386-2.jpg

冬の時期だけに現れる「然別コタン」のイグルーでした。一番寒いときに、氷のイグルーで氷のグラスでお酒を出すバーを開いたり(日中はソフトドリンク)、結氷した然別湖の上に氷上露天風呂を作ったりしてしまうという、あのイベントの準備中なのでした。
(すると、↑湖の上の、ドラム缶みたいのはお風呂??)
考えるだけでも寒い・・・。でも、寒さを逆手にとってそこまで遊んでしまう北海道のひとたち、あっぱれですね!

チケットは、町に降りてからお寿司を頂いたり(面白いご主人に、お話をたくさん聞かせていただきました。ごちそうさま)福原記念美術館と、神田日勝記念美術館に行って、ありがたく使わせていただきました。

DSC_0473-2.jpg

32歳で夭折した日勝の絶筆、未完成作品である馬の絵・・・。目の前に立つと、こみあげるものがありました。久しぶりにほんものの美術品を見ることが出来て、感動しました。
よい誕生日を過ごさせていただき、ありがとうございました。鹿追町に感謝です^^

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/297-a68a58df
トラックバック
コメント
minさん、お誕生日だったのですね、おめでとうございます!

誕生日に鹿追町に行くとそんなプレゼントがもらえるのですか、すごいですねー
イグルー素敵ですね、暖かいのですよね。
然別湖は小説の舞台になっていたので行きたくて、昔一度行ったことがあります(厚岸も同じ理由で行きました(^^;)
然別は綺麗なところですよね、でも残念ながらそのときは鳥に興味がなかった・・・(-_-;)
冬は鳥の気配は無いのですね~
夏にもう一度行ってみたいなと考えています^^
Simcodot 2016.01.21 20:25 | 編集
simcoさん
ありがとうございます。鹿追町さんの記念にと、こっそりまぎれこませたのですが、こちらにまでコメントいただき恐縮です。
夏に来たときキツネに出会いましたが、真冬の然別湖は静かでした。というか、雪と風が強くて、すぐに引き上げてしまったので、鳥どころではなかったです^^;
小説の舞台を訪ね歩くとは、simcoさんらしいですね。私は神田日勝の絵に出会った衝撃に突き動かされて、今彼の本を読んでいます。知れば知るほど、この十勝を描いた画家に惹かれます。この日のおかげで、鹿追町も、然別湖も、何度も訪れたい場所になりました^^
min628dot 2016.01.21 21:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top