2015
08.03

スズメの群れに混じって

Category: 出逢った野鳥
いつものところにノビタキがいないと思っていたら、反対側の農道で出会いました。よかった、こっちにいたのか~。スズメの群れとばかり思っていたのですが、そこにノビタキが混じっていたのです。

DSC_0861-2.jpg

全体図↓ 右上にノビタキがいます。

DSC_0857-2.jpg

あれ?カワラヒワも一緒だった(↑写真左上)

DSC_0862-2.jpg

スズメはすぐに逃げるけど、ノビタキは堂々としています。これは幼鳥?それともお母さん?お父さんはまだ換羽になっていなかったので、大人ではない、大人に近い幼鳥でしょうか。

DSC_0888-2.jpg

これはもうすこし幼いかな?

DSC_0878-2.jpg

成長の過程がいろいろなノビタキがいるようなので、何家族か集まっているのでしょう。

DSC_0896-2.jpg

DSC_0885-2.jpg

去年はここで、ホオジロとベニマシコがいっしょにいるのを見ましたっけ。ちがう仲間でも、一緒にいるほうが心強いのでしょうね。


関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/259-bbada678
トラックバック
コメント
おはようございます。
スズメとノビタキ、カワラヒワが一緒にいる光景はなかなか見れないと思います。珍しいですね。
イタドリのような葉が虫に食われてボロボロですね。ご馳走の虫がたくさんいるのかな?
ノビタキの幼鳥は見ることが出来ないので、いつもこちらで楽しませてもらっています。
立派な若鳥に成長した子もいて微笑ましいですね。( ^^)
秋の渡りで、途中富山にも立ち寄るなら出会ってみたいです。
kogamodot 2015.08.05 05:57 | 編集
kogamoさん
ノビタキだけでなく、カワラヒワも一緒だったのでびっくりしました。やはり、こういう群れをつくっているのは珍しいのでしょうか?イタドリは、この時期大発生するコガネムシの食害を受けて、レースのようになります。コガネムシ・・・おいしいかな??
じつは、私ノビタキは、まだ大人に近い幼鳥、メス、換羽のオス、の見分けがつきません^^;でも、ここにいるノビタキたちは、すべて南へ渡っていくことは間違いありません。去年は10月には姿がなくなりました。その頃にはきっと、kogamoさんのいる所の河原や野原に立ち寄ることでしょう^^
min628dot 2015.08.05 21:22 | 編集
こんばんは~!
毎日暑いですね!夜になれば涼しい風が入ってくるのでやっと寛げますが、日中は蒸し暑いしエアコンはないし、不快指数が高いです。
minさんの林ではいろんなかたたちが同じ木にいて、珍しいですね。幼ノビさんの、アタマがしましまなところが特に好きです。羽毛がホワンとして、揃っていないところも!

ポロト湖はしばらくご無沙汰していましたが、そろそろ危険ではない場所まで行ってみようかな、と思っています。
なおみんdot 2015.08.06 21:17 | 編集
なおみんさん
今日は気温が下がりましたが、湿度が高かったので、歩いただけでベタベタでしたね~。でも、ナスの実は大きくなってきましたよ^^
最近は、キジバト、カラスも群れを見ることが多いです。一人なのはモズくらい。小鳥たちは混群をつくっているようです。ノビタキ幼鳥は、頭がしましまなの??なるほど~。私はまだはっきり見分けることができないんです。ふわふわしてるのもポイントなんですね?
そちらではまだクマ騒動が続いてるみたいですね。どうぞくれぐれもお気をつけて!
min628dot 2015.08.06 22:07 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top