2015
07.31

蒸し暑いけどみんな元気!

今年は湿度が高く、蒸し暑いです。連日35度超えの、岐阜の友人から「そちらはパラダイスでしょう?」と言われました。比べれば気温は低いですが、クーラーがないので、やはり暑いです。おなじ30度でも、湿度が60%以下だったら、耐えられるのですけど・・・。蒸し蒸しだけじゃなく、虫、虫もたくさんいて、密度がすごい (>_<)
でも、畑の夏野菜は暑い方が元気です。今年はマルチングだけで作ってみました。6月まではなかなか大きくならなかったけれど、気温が高くなる7月に入ってからの成長が、ものすごく早かった。

P1000558-2.jpg

パプリカもこれから赤くなる予定。今年は、ご近所で馬を飼っているひとから頂いた、馬糞で作った堆肥がとても効いているようです。

P1000560-2.jpg

コサメ親子も健在です。林の水場にて、ぎりぎり親子が入りました。

DSC_0783-2.jpg

あれ?まさかの置いてきぼり(笑)

きょとん?
DSC_0796-2.jpg

コサメビタキのいるところには、アカゲラの若が、なぜか一緒に行動しています。

DSC_0234-2.jpg

コサメビタキのおかあさんに、甘えてくっついてるわけじゃないと思いますが・・・^^;

DSC_0781-2.jpg

久しぶりにゴジュウカラにも会いました。ハシブトガラはどこかへ避暑に行っているのかな?夏になったら見かけなくなりました。

DSC_0152-2.jpg

どんなに暑くても元気すぎる!と思うのは、いつもギチギチ、大声で鳴くモズ若くんと・・・

DSC_0808-2.jpg

やはり大音量のエゾゼミです。たくさんのエゾゼミがいちどきに鳴くと、がんがんするほど頭に響きます (◎o◎)

DSC_0815-2.jpg

なんだ、元気がないのは私だけか・・・orz

P1190816-2.jpg

暑い暑いと言っているうちにも、秋は忍び寄っているので、「えっ、もう秋?!」ということにならないよう、今のうちに、しっかり西瓜とそうめんを食べておかなくては (^_^)/

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/258-4fa99639
トラックバック
コメント
こんにちは、ネッコチーフです!そうなんですよ~(なにがそうなんだか?)
アカゲラは我が家のニオイヒバにも1度ご挨拶にきたことがあります。。。次の年にその隣のライラックがばったりと倒れるという惨事にみまわれました!雛ちゃんが飛び交う季節なんですね、我が家の猫額庭でもシジユゥカラとヒヨと雀が親鳥から「あんた達、ここが冬場のごはんあるとこよ」と日参しています。週明けから暑くなりそうです、どうぞお身体に気をつけてお過ごしくださいね。 
ネッコチーフdot 2015.07.31 20:11 | 編集
ネッコチーフさま
おお~、ついに(笑)初・コメントをありがとうございます!(←無理矢理?)
コサメビタキの幼鳥は小さくて、見ているとハラハラするのですが、林の中でがんばって生きています。
ニオイヒバって、なんだか素敵な名前ですね。「とりぱん」に、アカゲラが通う木は、木の中に虫がいて、枯れる前かもしれないのでご用心、というのがありましたが、ライラックがそうだったのかも??鳥たちは、秋に冬のえさ場を決めにやってくるというのが、私がバードテーブルの経験から得た結論です。たぶん、それで決まりですね(^_^)V
このところの慣れない蒸し暑さは参りますね~。お互い身体をいたわりましょう。
min628dot 2015.07.31 20:38 | 編集
こんにちは。
こちらは毎日35℃を越す猛暑日で、クーラーの効いた部屋から出られなくなっています。
そちらは気温が少し低めでも、湿度が高いと大変ですよね。
でも、可愛いコサメ親子さんが姿を見せてくれて、癒されますね。
アカゲラの幼鳥さんは、赤いお帽子がとっても可愛いです。まだお母さんが恋しいのかな?きっと誰かといると安心なのですよね。
菜園のお野菜が元気で、パプリカも立派に育って嬉しいですね。これから赤くなるのも楽しみですね。
ツリガネニンジンもアカゲラ林に咲いているのですね。暑い日には清涼剤になりますね( ^^)
kogamodot 2015.08.02 12:49 | 編集
kogamoさん
こんにちは、台風のときはそちらも湿度があって気温も高く、大変でしたね。まだ酷暑の日が続くようなので、どうぞお気をつけてください。それでも、kogamoさんは精力的に野鳥を撮影されていて、ほんとに脱帽です。私も岐阜では仕事でクーラーのなかばかりでしたから、暑さに強いわけではなかったのですが、それでもこちらに来たら身体が北海道仕様?になってしまったのか、30度で音を上げています。冬はマイナス17度まで、耐えられるようになったのですけど・・・。
今は虫がたくさんなので、幼鳥たちは独り立ちしても食べ物には困らないようで、元気に飛び回っています。彼らのおかげなのか、畑につく青虫も心なしか少なく、助かっています^^アカゲラとコサメビタキが一緒に行動するのはなぜなのかよくわかりませんが、やはり幼鳥が天敵に備えるには、群れていた方がよいのでしょうか?最近、ノビタキとスズメの若鳥が群れになっているのも見かけました。
こちらではもう、オミナエシやシロヤマギク、ハギなど、秋の花が咲いています。春と夏も一緒だったけど、夏と秋も一緒なのね^^;
今年はまだ林や周辺の花のことを書いてないので、そのうちまとめようと思っています。
min628dot 2015.08.02 16:22 | 編集
私も、埼玉育ちなのに、北海道での暑さにバテバテです。気温よりも湿度にまいってしまうみたいです(泣)
minさんのお野菜さんたち、元気いっぱい!なのですね!!
ウチは今年はナスがうまく育っていません。連作ではないのですが、どうして~!!と、ガッカリです。ほかのモノたちに頑張ってもらわなくては・・・。

コサメちゃん、可愛いですね~!親のそばで待っている顔がたまりませんよ~~!アカゲラさんも、「いっしょにいると安心なんだよー」と言っているような気がします。
なおみんdot 2015.08.02 20:27 | 編集
ほんとに暑いですねー!
でも岐阜が39.9度とか・・!
本州の気温で毎年思うのですが、こうなるともう想像できない暑さです。
minさんは岐阜で生活されていた分、暑さには少し強いのではないでしょうか?(私は暑いのはダメ~、でも寒いのもイヤだ)

いろいろな野菜が元気いっぱい美味しそうに育っているのですね。
作業されてるそばで、小鳥たちがこっそり見ているのですね~良い環境だなぁ。
セミの声は全てをかき消しますね(^^;、そして暑さが増すような気がします。
Simcodot 2015.08.02 23:14 | 編集
なおみんさん
気温よりも湿度。そうですね~。ぐったり・・・。どうしてこんなにばててるのかというと、今大根の間引きに呼ばれたからなのです。北海道の農業は機械化されてると思っていたけど、間引きの他に雑草を取ったり、病気の苗を取り除いたり、人の手で行われていることが多いのだと知りました。広いだけに、たいへん。明日も、行ってきます・・・・。
ナス、わかります、難しいです。私もまだ収穫してないけど、こんなに大きく育ったのは初めてです。岐阜でも何度か作ってみましたが、日照りと虫で、カチカチに固い実しか穫れなかった・・・。ご近所の方から、ナスときゅうりは水を切らさないようにと教えてもらいました。あと、やはり馬糞で作った堆肥がよかったのでしょうね。みんなご近所の方のおかげです^^夏野菜の収穫はこれからですね!
コサメの幼鳥、がんばって生きています!アカゲラの方が大きいのに、どう見てもコサメたちにくっついてる雰囲気です(笑)
min628dot 2015.08.03 10:12 | 編集
simcoさん
私がマイナス30度の想像がつかないのと同じことでしょうか。毎日家の中に熱がこもって、夜は人工熱帯夜です・・・(;人;) 「岐阜から来たらこんなのなんでもないべ?」って、言われてしまうけど、岐阜では仕事してるとき、ずっとクーラーのなかでしたし、毎日39度の温度のなかにいたわけでないので・・・^^;あ、でも帰り、炎天下に駐車していたクルマに乗り込むときは、オーブンのなかに入るようでした。クーラー入れても効くわけがなく、窓全開で30分、汗だくで帰りましたっけ。畑には、コサメビタキやゴジュウカラが来て、ひなのために虫をとって巣に持ち帰っていました^^
そうそう、セミもね、岐阜ではクマゼミという、すんごいでかいセミがいて、この音量もすごかった~!(>_<)
min628dot 2015.08.03 10:26 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top