2015
07.14

また来たい場所

強行日帰りでやってきたオホーツク。濤沸湖でまず見たのはオジロワシ。(逃げるところだけど・・・)ここでは留鳥だそうです。冬は渡り鳥の宝庫ですが、今は静かでした。

DSC_0180-2.jpg

岐阜以来、久しぶりにアオサギを見ました。

DSC_0184-2.jpg

遠いけれど、オカヨシガモでしょうか。ほかにも、カワアイサなどがいるそうですが、濤沸湖は広すぎて、写真で確認するのがやっとでした^^;

DSC_0189-2.jpg

原生花園にいたのは、おなじみコヨシキリでした。ノゴマを見たけれど、ここでも撮ること叶わず・・・orz 観光客がいるところにひょっこり出てきたのですが、当然ながら、すぐにハマナスの繁みに隠れてしまいました。

DSC_0206-2.jpg

DSC_0204-2.jpg

・・・なんとか、どうにかオオジュリン。せめて、花の上にとまってくれないかなぁ、
と思っていましたが・・・

DSC_0217-2.jpg

・・・失礼、食べ物を探してたのね?

DSC_0218-2.jpg

前回来たときは曇っていて、夏の花がおわり、夏鳥も去ったあとだったので、とても寂しい場所という印象でした。この日は快晴で、花もたくさんあり、空の色も美しくて、ピカピカでした。今度来るときは、花もいいけど、鳥メインで(笑)湖のまわりをゆっくり一周してみたいです。
濤沸湖の向こうに望む斜里岳。まだ雪が残っています。

P1190643-2.jpg

海の向こうには知床半島が見えました。360度viewなのですが、写真ではとても表しきれないスケールです^^;

P1190669-2.jpg

今度ここに来るときは時間をかけて、ゆったりと鳥を待ちたいな~、と思いました。

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/251-a12aff83
トラックバック
コメント
こんばんは。
オジロワシは留鳥なのですね。
翼を広げて飛翔する姿は、さすがに王者の風格です。白い尾羽もカッコいいですね。
こんなに環境の良い湖では、夏鳥として留まる水鳥も多いのでしょうね。
小鳥さんたちがいっぱいで、素晴らしいですね。
日帰りではもったいないくらいですが、たくさんの出会いがおありで良かったですね。
↓原生花園のユリたち、いろいろな種類が咲いてきれいですね。
エゾフウロソウは、普通のフウロソウより大きいのでしょうか?優しい色合いがとても素敵だなあと思いました。
kogamodot 2015.07.14 21:08 | 編集
このオジロは、カラスと争って逃げるところで、残念でした。大きさもやや小さめで、まだ若い個体かもしれません。鳥はたくさんいるのですが、何しろ遠かったです。でも、しばらく座り込んで、ずっと待っていたいような場所です。
霧多布の、エゾカンゾウの時期を逃してしまったので、ここまで遠征せざるを得なかったのですが、たくさんの花が群れて咲くので見応えがありました。濤沸湖で鳥も楽しめるので、今度は泊まりがけで行きたいものですが、文鳥をどうするか・・・。
エゾフウロは、ハクサンフウロよりも、花弁が丸みを帯びているせいか、優しい印象なのかもしれませんね。伊吹山で見たハクサンフウロより・・・大きさは、残念ながら覚えてないです^^;
min628dot 2015.07.15 08:58 | 編集
いいですね、オホーツク。
濤沸湖は去年の夏にアッケシ草を見に行って以来です。

日帰りでもたくさんの収穫があったのですね(^^)
知床はいつも反対側(野付側)から見ていたので、
ちょっと印象が違い新鮮です。
スカシユリとオオジュリンの組み合わせも夏らしく素敵だなぁと見ていました。






ayumidot 2015.07.16 16:54 | 編集
ayumiさん
アッケシソウ、これからいいですね~。知床半島をこの裏からみた姿、なるほど~!それがayumiさんの知床の姿なのですね。
北海道の東の方にばかり惹かれるのは昔からなのですが、ayumiさんの写真を拝見していたら、ますますその素晴らしさに気づかされました。いつ行っても時間がなくて駆け足ばかりだったので、いつかじっくり腰を据えて過ごしたい場所です^^
ただ・・・マニュアル撮影がまだまだで、まともな写真は10枚に一枚あるかないか・・・。オオジュリンはピントすら合わせられなくて、道は遠いです・・・・orz
min628dot 2015.07.16 20:53 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top