2015
07.12

ちと遅かった・・・

Category: 周辺自然観察
今年はどこでも1週間くらい、花が早くなっています。もう、間に合わないかもしれない。
それでも、どうしても、一面のエゾスカシユリとエゾキスゲ(またはエゾカンゾウ)が見たい!!と、またまた日帰り強行軍で、今度はオホーツク方面へ出かけました。

P1190716-2.jpg

道東のあやめも遅かったが、こちらもちと遅かった・・・orz 半分くらいは咲き終わっていました。でも、とりあえず群生は見られたので、よかったです。ここではエゾゼンテイカは見られません。別名エゾカンゾウとも言うけれど、甘草とは別の種だそうです。ややこしい。エゾキスゲはクリーム色をしていて、夕方花が開き、翌日午後に閉じるそうです。今見ているのは昨日咲いた花なのですね。

P1190648-2.jpg

エゾスカシユリも、まだあちこちに、たくさん咲いていました。

P1190689-2.jpg

P1190704-2.jpg

フウロソウもまだありました。

P1190692-2.jpg

エゾカワラナデシコ 

P1000494-2.jpg

こんなに小さなエゾニュウ??と見間違えたハマボウフウ^^;同じセリ科の山菜でした。
どうりで、葉がつやつやしておいしそうに見えました。 

P1000499-2.jpg

海岸にはハマヒルガオもありました。
P1190685-2.jpg

ハマナスはあまりたくさん咲いていなかったけれど、これからでしょうか。

P1000500-2.jpg

小清水原生花園は、駅舎を忠心に、海岸と濤沸湖に挟まれた狭いエリアにたくさんの花が凝縮して咲いている場所でした。観光客もたくさんいました。ところが、そこから少し行ったところにあるパーキングスペースは人がおらず、濤沸湖と原生花園が道の両側に広がっていて、こちらのほうが静かに見ることが出来ました。

 のついた写真以外は、相方の撮った写真です。

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/250-da38b62c
トラックバック
コメント
こんばんは!
今度はオホーツクですか~素晴らしいですね!
小清水原生花園、私もいつかは行ってみたい!と、北海道の探鳥地の本でよく見ています。
さすがに、みごとな花々、スケールがちがいますね。
私は北海道に来るまで、ニッコウキスゲしか知らなかったのですが、いろいろな種類があることを知って、国道わきの草原に黄色い花を見つけるのが楽しみになりました。

今日は暑かったですね~天気予報を見ながら、minさん暑いだろうなぁ~と思っていましたよ~。
なおみんdot 2015.07.12 21:16 | 編集
なおみんさん
昨日は暑かったですね~!岐阜に比べたら、なんのこれしき、と思っていたのですが、なんだか身体がこちらの気候に慣れてしまったらしく、25度超えると「暑い!」と思うように・・・^^;夜は、網戸の目より細かい虫が入ってきてたいへんなので、窓を閉めなくてはならならず、寝苦しい夜でした。今朝は一転、涼しい曇り空になりました。でもこうなると、また太陽が懐かしい。

このところ任されていた仕事続きの反動か、はたまた長い冬をすごしたせいなのか、晴れるとどこかへ行きたくなってしょうがありません。時間に余裕がなかったので、鳥を待つことができず、花はほとんど相方任せなので、ほんのご報告になってしまいましたけど、今度はぜひ一日中、濤沸湖だけで過ごしてみたいものです。
ニッコウキスゲとエゾキスゲ、エゾカンゾウ、ややこしいですよね~。エゾカンゾウの方がニッコウキスゲと同じ仲間で、エゾキスゲは別の仲間みたいです。あの黄色い花は、まさに北海道の夏の花、と私も思っています^^
エゾスカシユリとの競演は見事でしたけど、この花が一面に咲いているというスケールを、私の写真の腕では、とても表現できない^^;
ここではもう、道ばたで黄色い花を見られることはなくなってしまったので、保護された場所に行くしかないのが残念です。
min628dot 2015.07.13 09:42 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top