2015
07.04

アカゲラ父さんとこどもたち

朝からキョキョッ、と騒がしい。アカハラかと思ったら、アカゲラが3羽いました。

DSC_0105-2.jpg

どうやら父さんアカゲラと、そのこどものようです。

DSC_0116-2.jpg

とうちゃん、まだ?
DSC_0126-2.jpg

親が食べ物を探すかたわらで、じ~~っと待つ幼鳥。お父さん、必死な感じが、背中から伝わってきます。顔の模様がなんだか偉そうに見えますが、まだこどもです^^

DSC_0131-2.jpg

2時間ほど経った頃、1羽だけのアカゲラ幼鳥を見かけました。大きさだけは、もう親と同じです。ひとりだちの時期だったかもしれません。

DSC_0158-2.jpg

アカゲラの幼鳥はすべて頭が赤いそうなので、♂♀の区別はつきません。個人的な感想ですが、なんとなく、この子は女の子の雰囲気がします^^

DSC_0157-2.jpg

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/248-b77431b6
トラックバック
コメント
アカゲラファミリー可愛いなぁ!
ここまで成長したら、両親もやっと落ち着いて自分たちの食事もできますね。
アカゲラの幼鳥って頭が大きくて赤い部分も大きくて可愛いですよね~。久しぶりに可愛い子どもを見ました^^

下の記事のあやめが原もすごく久しぶりです、素敵ですね。
ものすごく昔になりますが、私がある推理小説の現場となった厚岸に行ってみたくて(^^;、ハマーに相談して2泊で道東を回ったときに行ったんです(しかし私が行ったときにはまだアヤメは咲いていなかったw、でも素敵な場所でした)
行き当たりばったりで厚岸の宿を探し一泊し、美味しい牡蠣鍋や深い霧も体験し、厚岸は大好きな場所のひとつです。もう一度行ってみたいです。
他、霧多布や野付も行きましたが、釧路湿原に行ってないのがいまでも残念です。
Simcodot 2015.07.05 19:30 | 編集
いったいどこで子育てしたのやら?でも、アカゲラ林なので、アカゲラが帰ってきてくれて嬉しいです^^私は珍しい鳥に出会った時も、もちろん嬉しいですが、林に暮らす鳥たちを毎日見ているのが好きなのです。
厚岸のブログ、覚えていますよ~。牡蠣三昧、おいしそうだな~と思って見てたから(←そこかい!)霧のあやめが原も見てみたかった。
霧多布は、これから花盛りですね。一面のエゾカンゾウを、見てみたいです。(私も前回行ったときは終わってたので)野付半島もいいですよね。道東の海岸線は、どこも魅力的です。
釧路は・・・観光客が増えているそうですね。道東の魅力は、人のいない風景だと思っているので、私は、釧路はもう行かないかもしれません^^;
min628dot 2015.07.05 20:10 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top