2015
02.09

冬ごもり

このところ毎週末雪が降るパターンがつづいています。昨日も降りました。
一夜明けたらアカゲラ林がシラカバ林に?

DSC_7143-2.jpg

強風だったので、湿雪がカシワの木に雪が張り付いてしまったのでした。今日も風が強く、どんどん飛ばされてすぐにもと通りになりました。
今のところ、十勝は何日も雪が降り続くことがなく、すぐに晴れます。

札幌雪祭りは週末なのに暴風雪にあったり、温度が上がって雪像が溶けたりして、たいへんだったようです。
冬の北海道には、氷点下5度の夜に、タレも凍り付くなか大勢で焼き肉を食べたり、氷のグラスでお酒を振る舞ったり、耐寒がまん比べまでしてしまうような、各地に寒さを逆手に取ったお祭りがあります。テレビで見る限り、なんと楽しそうなことでしょうか。
まず自分たちが楽しんでしまう。冬の寒さも遊びに変えてしまう、遊びの名人です。冬に人の行き来が途絶えてしまうと経済活動にも差し支えるのでしょうけれど、それにしても、北海道の人、すごいです!^^
わ、私?もちろん、、テレビで見てるだけですよ~^^; 

このところ相方が仕事で何日か家を空けることが多いので、私は留守番が多くなりました。薪ストーブは暖かいけれど、つねに薪をくべなくてはなりません。いっぱいに詰め込んでも、朝から夕方まで、天候によっては半日くらいしか、家を空けることが出来ません。
家が冷えきってしまうと、なにもかも凍り付いてあとがたいへんです。地下のストーブをつけていくこともできますが、地震があったらと心配です。2人きりの生活になったら、冬は揃っての旅行ができなくなりました。同居していた息子にも使い道があったのだなぁ。

DSC_7146-2.jpg

晴れていればクロスカントリースキーで散歩をするけれど、雪が降るあいだは家で本を読んだり、農場からもらった小豆を選別したり、繕い物をしたり。気が向けばパンを焼いたり、うどんやお菓子を作ったりします。町が遠いので、基本的にないときはなんでも作る。
最近のヒットはバナナ大福!好評でしたが、食べ過ぎに注意。
冷凍してある山ぶどうのジャムを作ったり、りんごを煮たり。晴れているうちに漬物や室の野菜も掘り出さないと・・・。

P1170958-2.jpg

アカゲラ用の脂身フィーダーを作りましたが、ちょっと網目が細かすぎたかも・・・^^;
脂身が凍ってしまうのでとても食べにくそうでした。改良の余地あり。

DSC_7110-2.jpg

うちのシジュウカラは、なぜか天気が悪くなる日に、バードフィーダーに来ることが多いです。何度目かの「この冬一番の寒気団」がやってくるから、明日も雪かな?

DSC_7131-2.jpg

季節は立春ですが、林の中はまだ1メートルの積雪がある雪景色です。それでも、もうハシブトガラやゴジュウカラが囀りの練習をはじめたようです。アカゲラの男の子が、女の子のあとをついて飛んでいきました。雪の溶けた南斜面では、・・・何だろう?小鳥の小さな群れを見ました。春の兆しでしょうか。
ここでの「春」は4月から。まだ1ヶ月以上あります。


関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/189-bcaad6e2
トラックバック
コメント
薪ストーブいいですね。
おでんにスープ、焼き芋も楽しめそう。
パンを作ったり読書したりと、minさんの冬の過ごし方
素敵だなぁと思います(^^)

道南の木古内町は真冬にふんどし一丁で海の中に入ります。
さすがに道産子の私でも身震いしてしまいます・・・(^^;)








ayumidot 2015.02.10 17:14 | 編集
ayumiさん
薪ストーブ歴10年、もう冬はこれでないと過ごせなくなりました。
でも、料理をするには、昔ながらのだるまストーブや、ファンヒーターでない石油ストーブかな~。薪ストーブは専用のでないと、料理は難しいかもしれません^^;でも、ジャムや煮豆の仕上げに鍋をかけて水気を飛ばすには最適です。おでんの保温もできますね。
ちなみに、後ろにある金ピカの道具はただの飾りで、実用はストーブの下に(笑)ストーブ屋さんがプレゼントしてくれたのだけど、我が小屋の雰囲気では浮きまくるだけでした orz

北海道の冬なんだから、オジロワシとか、コオリガモ、シノリガモなんかを見られたら最高なんだけどね。そのうち海の方に行ってみたいけど、家でしなければならない仕事を抱えてしまい、このところ出歩けなくて・・・^^;地味~に生活しています。
木古内の、それもテレビで見ましたよ!うん、まちがいなく、あれがいちばん寒そうだったわ(笑)
min628dot 2015.02.10 18:18 | 編集
こんばんは!
minさん、寒いでしょうね?!
今回の寒気は手強そうですが、胆振の私が寒い寒いと言ったら、minさんに笑われちゃいますよね。
薪ストーブ、旦那の実家も使っていたので、懐かしいです。
やはり、くべた薪がなくならないように、注意していたそうです。
冬のお仕事、いろいろたくさんあるのですね。
素敵な絵本のなかのお話のようです。
「バナナ大福」とっても気になる~~!
なおみんdot 2015.02.10 21:32 | 編集
こんばんは。
青空にシラカバ林、きれいな風景ですね~( ^^
薪ストーブは、お部屋が暖かそうでよいですね。
minさんは、ライフスタイルを楽しまれて、いいなーと思います。
私も、子供が家にいた頃はパンやケーキなどおやつも手作りでよく作っていました。最近は寒さがとても苦手になって、何をするにもおっくうになってしました。年のせいかな^^;
脂身の入ったフィーダー、アカゲラさんが嬉しそうに突いていますね。
寒い冬も元気に過ごせることでしょう。
kogamo(森の散歩道)dot 2015.02.10 22:27 | 編集
なおみんさん
こんばんは、やはり十勝の冬は気温低いですね。でも今のところ、マイナス20度より下がることはめったにないです。しっかり着て防寒をするので、外も暖かく過ごせるようになりました。手袋も、初めてアウトドアブランドのを買いました。ここではファッションより機能で選ぶことになりますね^^;
旦那様は十勝でしたね。薪ストーブでしたか。私は札幌生まれなので、一番古い記憶として、だるまストーブが真っ赤になっているのを覚えています。あのころは石炭を燃やしてたな~。
冬の仕事、というより、家から出られないときにする仕事ですね^^; あと、ナックスのDVD見たり(笑)
バナナ大福は、イチゴの代わりにバナナを入れて作ります。白玉粉、上新粉半分ずつ、水、砂糖と、固くならないようにでんぷんも加えて、混ぜてチンすると皮のできあがり。一個ずつの分量にわけて、こしあん、一口大のバナナと一緒にくるみます。固めにホイップした生クリームを一緒に入れてもいいです。ぶどうでも作れますよ。いちごより酸っぱくないので好評でした^^ よかったら作ってみてね。
min628dot 2015.02.11 17:21 | 編集
kogamoさん
こんばんは、青空に(にせ)シラカバ林、きれいでしょう?(笑)
家が狭くなったので、岐阜にいるときより家の中は暖かです。アイスクリームまでは無理ですけど、時々ざるそばを食べたりするのも、岐阜の冬では、なかったことですね。
こどもが小さいとき・・・そうですね、私もまさか今になって作るとは。周りに店がないから、食べたくなったら作るしかないだけなんですけど^^;それに、小豆をたくさんもらったので。
脂身フィーダー、ときどきアカゲラが来ています。でも、見ていると、食べにくそうに見えてしまいます。もっとぎっしり脂身を入れてやればいいのかもしれませんね。
min628dot 2015.02.11 17:33 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top