2014
12.26

ハクチョウに会いに行く

Category: 出逢った野鳥
帯広の川には町のなかだけれどハクチョウのやってくる場所があります。前回は残念ながら会えませんでしたが、今回はようやく見ることが出来ました。川の下流から上ってきます。

P1180123-2.jpg

ゆっくりと近づいてきます。わくわく・・・。

P1180136-2.jpg

草や木の枝には霧氷がついています。
この日の朝の気温、マイナス17度でした・・・((((;´・ω・`)))

P1180150-2.jpg

ゆったり・・・

P1180144-2.jpg

優雅です~ (*´ω`*) この日は10羽ほどのハクチョウがいました。

P1180147-2.jpg

寒い朝でしたが、頑張って来てよかった。ようやく会えました(´∀`)

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/173-47f5f8ac
トラックバック
コメント
美しいオオハクチョウさんに会えましたね。( ^^)
ここの川は、凍り付くことがないのでしょうか?
とても厳しい寒さが伝わってきます。
そんな中、優雅に泳ぐオオハクチョウさんを見ると穏やかな気持ちになりますね。
ハクチョウたちは寒さに強いようですが、見ているminさんはさぞ寒かったことでしょう。風邪を引かれませんように。
絵本から出て来たようなエゾリスさんは、ぬいぐるみのように可愛いですね!
たくさんの鳥や生き物たちが集まって来てバラダイスのよう。お優しいminさんに感謝感謝ですね。
kogamodot 2014.12.29 06:25 | 編集
kogamoさん

> 美しいオオハクチョウさんに会えましたね。( ^^)
> ここの川は、凍り付くことがないのでしょうか?

ありがとうございます~。ようやく、会えました^^ここは毎年ハクチョウが見られるところらしいです。川が全部凍ってしまうかどうかは、まだわかりません。機会があればまた行ってみようと思います。
この時は、わずかですが、気嵐(けあらし)のようなものが見えていました。エゾリスもじっと動かず、置物みたいに見えました。私は手を交互にポケットで温めながら凌ぎましたけど、手袋もポケットもないエゾリスはさぞ手が冷たかったことでしょう。
おじさんは、手慣れた様子だったので、きっと定期的にバードテーブルに補給をしているのでしょう。エゾリスのぶんまであるとは、びっくりでしたが。
来シーズンは、私もできるだけ木の実を集めておこうと、ここに書いておけば思い出すかも?!
min628dot 2014.12.29 16:02 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top