2014
11.23

冬支度

ここ十勝で初めての冬を迎えることになった私と相方。そのためにしなければならないことが山ほどあります。ところが、日中の長さは日一日と短くなっていき、この頃は、午後4時頃太陽がもう山の向こう。相方と玄関デッキを作っていますが、あっというまに「今日は終了!!」に・・・ orz これから冬至まで、どんどん短くなるのですね~。間に合うんか?

P1170860-2.jpg

働いていた農場からいただいたキャベツ、白菜、大根、人参、馬鈴薯、これを無駄にできないので、「蓄える」工夫をしなければなりません。はじめての経験です。ついでだからと、市場でもとめたゴボウ、長葱、玉葱。近くの農場から買ってきた長芋も保存することにしました。

P1170802-2.jpg

地面に穴を掘り、根菜類を埋めてしまいます。「室」(むろ)というそうです。こちらは馬鈴薯、人参、長ネギなど。これは埋めるまえ。このあと土とまめがらで覆い、屋根をつけました。おなじものをもう一カ所作り、白菜、キャベツ、ごぼう、大根などを入れました。葉ものは乾かしてから新聞紙で包み、土の中のコンテナに入れました。

P1170804-2.jpg

町の人はスーパーが近くにあるので、室にしまう人は少ないようですが、ここは町まで遠いし、開拓民の土地なので、ご近所のみなさんは保存をしています。秋には各地で収穫祭があるので、大量の野菜が出回り、安く買えるということもあります。春先になると、本州から来る野菜は本当に高かった。

岐阜の、私が住んでいたところでは、冬でも地物のサラダ野菜が買えましたし、大根も白菜も長葱も、畑に植わったまま冬を越していました。雪が積もるところでは、雪中野菜として保存が出来ます。でも、ここでは雪が少なく、地面から上のものはすべて凍りつくので、地面の下に保管するよりありません。今は、ご近所の家にはみな地下室があり、地面を掘らなくてもそこに保管できます。(我が家では地下にストーブが設置してあるので「室」として使えない)
室に入りきらないぶんは漬物にしました。白菜漬け、味噌漬け、粕漬け、キムチ、にしん漬け。写真には写っていませんが、このあと沢庵も漬けました。それぞれが漬けたものを持ち寄ってお茶(女子会)するのも、このあたりの冬の楽しみです。

P1170843-2.jpg

漬物にしてしまえば、あとは凍っても大丈夫。こどもの頃、母の漬けたにしん漬けを物置に取りに行くのに、上に張った氷を砕くため、金槌を持たされ、ついて行った覚えがあります。
鮭のなれずしも作ってみたかったのですが、ご近所の方が分けてくださるというので、今年はやめました。
薪もたくさんいただきました。トドマツの葉は臭いでネズミよけにするためのものです。

P1170861-2.jpg

家が狭いので、ストーブを焚けばすぐに熱帯(笑)おかげさまで暖かく過ごせています。

P1170849-2.jpg

余談ですが、昨年越冬させようとはりきった野菜たちは、相方がまちがえて車に積み込んでしまい、岐阜で食べるはめになってしまいました。だから、越冬野菜は今年が初なのです。

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/161-aac21145
トラックバック
コメント
こんばんは!
冬のための準備で時間のたつのがあっという間なのですね。
そちらでも、雪が少なく、なんでも凍ってしまうそうで、、。
「室」は、凍ってしまう土地柄にとってありがたいものなんですね!
お漬物の種類がいっぱい!!漬ける手間はたいへんだったでしょうけれど、ひと冬楽しめますね~!
薪の上に松をのせているのにも、訳があったこと、初めて知りました。
minさんの文鳥さんたち、とても元気そうですね!
私も昔、2羽飼っていたので、懐かしく思い出します。


なおみんdot 2014.11.23 20:31 | 編集
こんばんは。
冬支度に、土を掘ってお野菜などを保存されるのは一仕事ですね。
一昔前の五箇山を想像してしまいました。ゴメンナサイ
薪ストーブでお家の中はぽかぽか暖かそうですが、真冬の外の冷え込みはどんなでしょう。とても寒そうで思っただけで震えてしまいます。
どうぞお気をつけて冬を越されて下さい。
文鳥さんたち、そちらの環境にもすっかり慣れたのでしょうね。
まったりしていますね。( ^^)
kogamodot 2014.11.23 20:37 | 編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
dot 2014.11.23 20:51 | 編集
なおみんさん
漬物は、ようやく水が上がってきました。わくわく^^来月には食べられそうです。
地面の上は凍り付く・・・「そう」なので、と言うべきでした。周りの人からさんざん脅かされているのですよ~。10月は気温の高い日が多かったので、早く地面の下に入れないと傷みそうだったのですが、今はガレージに入れておくとちょうどいい。掘り出した大根やにんじんはみずみずしくて、甘みが増していました!
薪の上のトドマツは、葉をちぎって家の隙間に埋め込みました。ネズミが天井裏にいたのですが、これで出入りしなくなったようです。音がしなくなりました。福島の人が、室の上におくとネズミよけになる、と教えてくれたので、応用してみました^^
なおみんさんも、文鳥を?そうでしたか~。私は野鳥に近い姿をしているので、文鳥が好きなんです^^
min628dot 2014.11.24 16:32 | 編集
kogamoさん
一昔前の五箇山・・・そうかもしれませんね~、あちらでは、今も雪中保存をしてるのではないでしょうか。漬物も、高山にはたくさんありますよね。岐阜にいたときは、そういう文化にあまり触れてこなかったのですけど、ここへ来たら必需品でした^^;
真冬の冷え込みについては、みんなからさんざん脅かされています。マイナス20~30当たり前!とか、鼻で息すると凍って窒息するとか、クール便で送らないと荷物が凍るとか(←郵便局の人に「そんなことありません!」と言われました)おもしろがっていろいろ言ってきます。
まだマイナス8度が最低ですが、日中は5度くらいになるので、そのなかで外仕事しています。おかげさまで家の中だけは暖かいので、なんとか冬は越せそうな気がしています。
min628dot 2014.11.24 16:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top