2014
08.16

秋が来る前に・・・

Category: 出逢った野鳥
秋はすぐそこ。まだ会っておきたい鳥たちに会うため、明け方からヒミツの原生花園その2に行きました。来てはみたけれど・・・あまりに広すぎて、鳥がみつかりません^^;
あちこちから、声は聞こえているのですが。・・・あれっ?

P1170430-2.jpg

コヨシキリ。ずっとそこにいたのね・・・気がつかなかった orz 

ニブイね!
P1170435-2.jpg

後ろ向き美人・・・あなたは誰?

P1170461-2.jpg

オオジュリンでしょうか。これも夏羽から冬羽に変わる鳥なので、見分けが難しいです^^;

P1170463-2.jpg

エゾニュウ(かどうかももう枯れてしまって見分けつきませんが)にとまってくれないと、見つけるのは難しいです。ほかにもカワラヒワの群れやノスリなどを見ましたが、いちばんたくさんいたのはコヨシキリでした。エゾセンニュウの「ジョッピンカケタカ」もlきこえてきますが、姿は見えません。名前からして「蝦夷潜入」です。なかなか姿を見せない鳥として有名です。
おなかがすいてきたので帰りましょう。

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/143-dab374ff
トラックバック
コメント
こんにちは!
ヒミツの原生花園、いいですね!コヨシキリがいちばんたくさんいるそうで、、、久しぶりにその姿を見せていただきました。こちらの海岸草原でも今年はコヨシキリがとても多くて、あの賑やかな囀りを聞きによく通いましたが、最近ではまったく見かけません。もう、よそへ移動してしまったのかな、と思っていました。
エゾセンニュウはこちらでもちらほらいるようで、例の歌が聞こえてきます。探しても、姿は見られないのですが、、、。
ひと目会いたいものです。
なおみんdot 2014.08.19 17:10 | 編集
こんにちは、なおみんさんもコヨシキリをたくさん見られたのですね。
このコヨシキリは、あしで茎をつかむのに、おもしろい格好をしていました^^
もうお盆すぎなので、ここでもこのころが最後だったかもしれません。
だんだん夏鳥がいなくなって、寂しくなります。
エゾセンニュウは、我が家のすぐ近くの放置林にもいて、そのこえをなんども聞いています。去年はじめて聞いたときはへたくそなホトトギスかと思ってしまい、エゾセンニュウとわかったのは今年になってから^^;もったいない。夜になってもよく鳴いていました。
明け方や夕方、何度も行って粘ってみたのですが、すぐそばで鳴いてるのにちらっとしか姿をみせてくれず、撮影することは叶いませんでした・・・ orz 
まぁ、私の腕前ではまだ無理だと思うので、あきらめます。でも、来年またチャレンジします。
min628dot 2014.08.19 17:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top