2014
07.15

ピイピイ鳴くのは?

シメの子がピイピイ鳴いていた、と相方が言うので外に出ました。
なぜか、シメのひながいるとき、私はそこにいなくて、相方だけがいつも出会うのです。今度こそ!・・・と思ってこえのするほうを見たら、

P1160815-2.jpg

センダイムシクイではありませんか!またしてもシメのひなを見ること叶わず!相方によると、シメの幼鳥もピイピイと鳴くのだそうな。このセンダイムシクイは、 あのとき のひなが大きくなった姿かもしれません。しっぽがすこ~し長くなっていました^^

P1160820-2.jpg

ピイ・ピイ・ピイ・・・と単調なこえでいつまでも鳴いていました。親を呼んでいるのかな?

P1160822-2.jpg

木の高いところで鳴き続けていましたが、親はもう来てくれなかったですね。
ひとりだちしたばかりで、心細かったのでしょうか。

追記
「シメじゃなかった、センダイムシクイだったよ~」と言うと「そういえばシメの子はジジッ!て短く鳴いてた」と相方。・・・ぜんぜん違うじゃん!!いつか私もシメの子とやらに会えるのでしょうか・・・。



関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/128-d65d36d4
トラックバック
コメント
この時季、幼鳥たちがあっちこっちで見られて賑やかですね。
センダイムシクイの子、黄色い嘴が可愛いです~。
もう大丈夫と思った時に、親鳥は去ってしまうのですよね。
置いて行かれた子供はとても心細いと思いますがそれが自然なのですね。頑張って生きてくれることを願うしかありません。
こちらの河原でも草刈りが行われていますが、小鳥たちはその前に巣立ちをしたので安心です。
minさんは、ヒナが成長した姿が見られて良かったですね。
ノビタキとモズの家族もとっても微笑ましいです。(*^^*)
kogamodot 2014.07.16 09:40 | 編集
kogamoさん
こんにちは、アカゲラ林は、この時期は幼鳥(私にとってはわけのわからないなきごえ)ばかりです(・_・?)
昨年は農道でノゴマやベニマシコとの出会いがありましたが、今年は見られませんでした。鳥の種類は少ないですが、幼鳥はたくさん見られました^^農道は、刈り取られたためか花もずいぶん減ってしまって、寂しい限りです。
相方はアカゲラやシメの親子を見ているのですが、私はなかなかチャンスがありません。私が夕食の支度に忙しくしている時間に、来ているようです・・・ orz


min628dot 2014.07.16 11:45 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top