2014
06.26

コムクドリの子育て その後

コガラやセンダイムシクイは無事に巣立ったようでしたが、コムクドリのほうはどうなったでしょうか。
昨年も、この巣で2度の営巣がありましたから、ここはコムクドリにとってお気に入りの巣穴なのかもしれません。
ところが、昨年は、いちどは巣立ちひなを見ましたが、2回目のときにカラスが現れて、その後ひなのこえが聞かれなくなってしまいました。カラスは昨年のことを覚えていたのか、今回も来て、親が必至に追い払う姿がみられましたから、もしや・・・。
♂が餌を運んできましたが、なかなか入ろうとしません。長いことあたりを見回しています。

P1160294-2.jpg

P1160295-2.jpg

♀もフンを外に出しています。あいかわらず一生懸命に育てている様子が見て取れました。心なしか、ひなのこえが少なくなっていると感じていましたが、このとき、まだ巣の中にはひながいました。

P1160374-2.jpg

P1160377-2.jpg

その2~3日後。
♂がきていますが、中からひなのこえはしません。これは別の成鳥が、巣の様子を見に来ているのではないかと思われます。念入りに観察していきました。

P1160398-2.jpg

P1160401-2.jpg

近くの木には♀がいて、2羽の♂が争っていました。

P1160371-2.jpg

まだコムクドリの出入りが続いているので、これからまた子育てが始まるかもしれません。
でも、この物件はカラスに目をつけられているようなので、おすすめはできませんが・・・。

関連記事

トラックバックURL
http://kosamebitaki.blog.fc2.com/tb.php/118-4ba134ac
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top