FC2ブログ
2019
04.22

早い春

Category: 出逢った野鳥
冬じゅう見てきたシマエナガですが、春になると、もふもふダウンジャケットを脱いで、パーカに着替えた?くらいのボリュームに見えてきます。なんとなく。

DSC_4085-5.jpg

まだフクジュソウが咲いたくらいで、緑はほとんどない頃のことでした。

DSC_3808-5.jpg

このところ、遠い、小さい写真ばかりだったので、久しぶりに近くで撮れた写真。
でも写っているのは一番小さいシマエナガ。
じっとしていたら、すぐそばに来ちゃった (゚△゚;ノ)ノ ズームレンズ長すぎて困った。

DSC_3827-5.jpg

虫のまゆか、蜘蛛の巣らしきものを一生懸命引っ張っております。

DSC_3825-5.jpg

別に気にしてませんから
DSC_3823-5.jpg

・・・とでも言ってるような正面顔でした。この頃は、うちのハシブトガラなんて、まだナンパしまくっている状態なのに、もうマイホームを作るペア。早い!

DSC_3840-5.jpg

木の中で羽繕いしてひと休み。お疲れさま。

DSC_3405-5.jpg

あれから会っていないけれど、今頃はどうしているかな。
無事に雛が巣立ってくれるといいけれど・・・。


Comment:0  Trackback:0
2019
04.20

春の観察会

Category: 出逢った野鳥
マガンやオオハクチョウたち、ご近所からはいなくなってしまいましたが、ここならまだいるかな?と思って参加しました。
(相変わらず写真が小さいので、クリックして、さらに虫眼鏡マークをもう一度クリックしてご覧ください^^;)
オオワシ、オジロもたくさん出会いました。集まって渡りの日を相談しているのでしょうか。

DSC_4338-5.jpg

こちらのオジロご夫婦は、ここで夏を過ごすことに決めたようです。子育て頑張ってね。

DSC_4311-5.jpg

そして・・・

DSC_4369-5.jpg

いましたいました。

DSC_4354-5.jpg

このくらいの距離で見られたら、十分です。めんこい、めんこい^^
ここにオオハクチョウの幼鳥が1羽、飛んで来ました。
白いから仲間と思って来てみたら、なんか違う・・・

DSC_4346-5.jpg

しばらくいましたが、サイズが違うと気づいた?のか、やがて飛んで行きました。
オオハクチョウはあちこちに群れがいたので、仲間を見つけることができるでしょう。
やや遠いけど、シジュウカラガンもおりましたよ。

DSC_4320-5.jpg

びっくりしたのは、すぐ隣にヒドリガモの群れがいたこと!こんなにたくさんの群れが畑にいるなんて!
(私は初めて見ましたが、ここでは普通のことだそうです^^;)

DSC_4317-5.jpg

しかもどんどん行進していって・・・

DSC_4336-5.jpg

シジュウカラガンの群れに混じってしまいました(゚д゚)
しばらく観察してると、いろいろな場面に遭遇して楽しかったです。
一人だと退屈してしまうけど、仲間がいてくれると楽しく待てます^^
エゾエンゴサクやキバナのアマナ。アズマイチゲなど、ここではもう咲いていました。
早いなぁ。(林はまだまだなので)

DSC_4372-5.jpg

早春の気配も感じながらの、楽しい観察会でした。



Comment:2  Trackback:0
2019
04.09

ひとりっ子

Category: 出逢った野鳥
十勝ではタンチョウの生息数が増えています。

DSC_3416.jpg

ご近所で会った親子です。幼鳥に寄り添うお母さん、周囲を見ながら、先を行くお父さん。

DSC_3419.jpg

行動を見ていると、お父さんとお母さんらしい振る舞いをするので、なんとなくそう思うのです。

DSC_3414.jpg

こちらがひとりっ子ちゃん+.(*'v`*)+

DSC_3413.jpg

お父さんお母さんが仲良くしてる間に・・・

DSC_3430.jpg

・・・おやおや、幼鳥が置き去りに?

DSC_3426-4.jpg

待ってよ、お母さん
DSC_3423 -4

牛舎に入って来て、栄養価の高いデントコーンを食べてしまうので、酪農家さんには嫌われもの。でもその姿の美しさ、子育ての様子を見て、温かく見守ってくれる人もいます。
個人的には、特定の地域に集中するより、全道に広がってほしいけれど・・・。

ともあれ、この親子は1羽の新しい命を育てていました。
秋まで、子育ては続きます。無事に育ちますように。


Comment:4  Trackback:0
2019
04.07

大っきいのに、小っさ!

Category: 出逢った野鳥
今シーズンはワシとの縁がなかった・・・のではなく、小さかった。
何度か出会いはあったのですが、とにかく遠くからしか会えなかったのです。゚(゚´Д`゚)゚。

DSC_2707-4.jpg

今日の場所も遠いけれど、それでも今のうちに会っておかなければなりません。
オオワシは、もうすぐいなくなってしまうから。
ヒミツの沼は、半分だけ解氷していました。やはり氷の上に10羽ほどのオオワシが。

DSC_4206-4.jpg

遠くて小っさ〜いけど、すごく立派な成鳥です。(となりのカラス参照)
この個体はず〜っと直立の姿勢で、とうとう動きなしでした。

DSC_4194-4.jpg

こちらでは若いのがじゃれあってました。

DSC_4195-4.jpg

DSC_4196-4.jpg

DSC_4198-4.jpg

オオワシがちょっとでも動くと、カモメたちが飛び立ちますが、この時は誰も狩をする様子はなし・・・^^;

DSC_4210-4.jpg

なかなかの若武者ぶりでした。遠いので、これも拡大してます^^;
(写真をクリックすると、もう少しだけ大きく見られます)

DSC_4212-4.jpg

まだまだ少ないですが、マガンやカモ類もいました。
これからたくさんの渡り鳥が集まるはずですが、その頃にはもう、オオワシの姿はないでしょう。


Comment:6  Trackback:0
2019
04.06

肉食系?

この冬きていたヒヨドリ。柿をよく食べていましたが、それがなくなったのでバードケーキを出したところ、見向きもしないのです。そしてある日、事件が?!

DSC_4077-4.jpg

・・・脂身を食べてる!!

DSC_4078-4.jpg

もともと雑食性なのだけど、実際食べるのを見たらびっくり。
脂身フィーダーにヒヨドリが来たのは初めてです。
ある時、メスのアカゲラがヒヨドリを追い払って、フィーダーを取り戻しました。

DSC_4120-4.jpg

ヒヨちゃんはこちらへ逃げてきました。

DSC_4104-4.jpg

あれ?

DSC_4109-4.jpg

バードケーキを食べ始めた。これが食べられると、ようやく気づいたみたいです。

うまー!!
DSC_4112-4.jpg

これ以来、バードケーキの方にくるようになりました。めでたしめでたし。
おまけのシメ子さん。

DSC_4127-4.jpg

おまけって、何よ!
DSC_4129-4.jpg

シメさんは毎日、置きフィーダーにきて、長〜いこと食べていきます。
誰も追い払うことはできません^^;


Comment:2  Trackback:0
back-to-top