FC2ブログ
2018
12.26

キバシリちゃん♪

Category: 出逢った野鳥
北海道、北日本では年末に大寒波が来るとか。が、まだ十勝は眩しいくらい晴れています。
いつも出かける場所で、今年最後に出会ったのは、この方です。

DSC_2298-4.jpg

・・・えっ?見えない?はい、ここですよ〜。

DSC_2302-4.jpg

木に止まると紛らわしい、キバシリちゃんです。北海道では周年見られると、図鑑で知ってはいたけれど、実際冬に見たのは今年が初めてです。(←実は2015年冬にも見ていたことがのちに判明。はんかくさい!!)ただ木に登っているわけではありません。

DSC_2303-4.jpg

ちゃんとお食事(蜘蛛かな?)ゲット!

DSC_2299-4.jpg

キバシリはゴジュウカラのように、木の幹で下を向いて降りることはできないそうです。

いいなぁ・・・お腹すいた
DSC_2074-4.jpg

あ、僕もごはん見つけたよ
DSC_2081-4.jpg

ゴジュウカラくんもよかったね。
・・・こんなふうに、平和のうちに年が明けてくれることを祈っています。
本年もブログにおいでくださった皆様、ほんとうにありがとうございました。
最後はこの方から。

どうぞ良いお年を!
DSC_2103-4.jpg

(・・・イヌでもイノシシでもないじゃん!というツッコミは受け付けておりません)



Comment:4  Trackback:0
2018
12.20

どうか安寧に

今年も押し詰まってきました。・・・いろいろあった北海道。
みなさま、さまざまな思いで過ごされていることでしょう。

アカゲラ林は相変わらずですが、「相変わらず」であることが奇跡なのだと思い知りました。
雪は少なめです。根雪になる頃、シマエナガは来なくなりました orz
毎年、なぜなんだろうなぁ?針葉樹が足りないの??(アカゲラ林は主にカシワの林)
今年もいつも通り常連のカラたちや、アカゲラと一緒に越冬です。シマエナガは居つかなかったけれど、一緒に巡回していたシジュウカラやハシブトガラは居ついたのか、それぞれ1羽だったのが2羽に増えました。

DSC_1961-4.jpg

ハシブトガラはシマエナガとほとんど同じ姿で、行動もよく似ています。でも顔が黒いせいで、シマエナガみたいに妖精とか、天使とは呼んでもらえないのかな?天使というよりは・・・

悪魔かよ!!
DSC_1964-4.jpg

そそそそんなことはありません!めんこいですっ!!(゚△゚;ノ)ノ
枝の先にいる小さな虫を探して、くるくると自在にぶら下がります。

DSC_1965-4.jpg

こういう仕草もシマエナガと全く同じなんだけどね・・・。

DSC_1968-4.jpg

こちらは元祖自由自在。アカゲラ林の主のような、ゴジュウカラです。

DSC_1924-4.jpg

新しいフィーダーを出すと、一番にやってきて様子を探ります。

DSC_1927-4.jpg

そのあとに他のメンバーが来ます。
ひそひそ・・・シマエナガ用に作った小鳥用脂身フィーダーだったんだけどな〜 (ノω`*)

DSC_1955-4.jpg

あなたのはあっちに出してあるでしょ?!

DSC_1959-4.jpg

今年はフィーダーが傷まないように、ペンキを塗りました。あり合わせのを使ったらクリスマスカラーになったので・・・

christmaslogo_red.png

クリスマスプレゼントに、雪がひどいときだけに出す剥きクルミや落花生を、ちょっとだけ出そうかな。今年はありがたいことに、まだアカゲラ林はそういう天候になりません。
今日も十勝晴れです。


Comment:6  Trackback:0
2018
12.04

そろそろ常連に?

今年はまだ根雪が来ません。そのためか、林には例年になく、まだお客さんがやって来ます。
りんごとみかんを出してあるのですが、ツグミはナナカマドの実を食べています。

DSC_1919-4.jpg

DSC_1920-4.jpg

薪割りの作業中が多いので、なかなか写真が撮れませんが、シマエナガもまだ来ています。

DSC_1890-4.jpg

気温が低くなるとふわふわになって、可愛さが約30%アップ!( ^ω^ )
これからもっと寒くなると100%になります。その頃まで来てくれるかなぁ。

DSC_1902-4.jpg

枝の影になっちゃった・・・相変わらず撮るのは難しい・・・( ノД`)
シマエナガ用に脂身を出してあるのですが、まだ気づいていないようです。
この方も、寒い日はふっくらするのですが、ふわふわというより「太ってる」と思ってしまう・・・。(←自分の身に覚えが?)

DSC_1908-4.jpg

アカゲラも脂身ではなく、ヒマワリのタネを取りにきては、幹の隙間に埋めています。

DSC_1942-4.jpg

今年生まれの男の子でしょうか。ドヤ顔ですが・・・
あのね、もう少し高いところに蓄えないと。

DSC_1945-4.jpg

そこは雪の下になっちゃうと思うよ〜(´∀`*;)
脂身は、もっと寒くならないと食べないのかもしれません。
今日は気温が高く、降ったのは雨でした。まだ雪は降りそうにない十勝です。


Comment:4  Trackback:0
2018
12.01

秋の名残に

Category: 出逢った野鳥
林は氷点下になる日が増え、風が冷たくなりました。
雪が降る前にと思い、出かけた時の出会いです。

DSC_1877-4.jpg

久しぶりに見るエゾリス。今年生まれの子たちは8匹いるそうです。
なまらめんこいわ〜 (* ´ ▽ ` *)

DSC_1879-4.jpg

今年は雪が遅いおかげで、まだイチョウの落ち葉が地面を覆っていました。
寄ると触ると追いかけっこ。仲がいいのか悪いのかわかりません。

DSC_1598-4.jpg

アカゲラ林にはいないヤマガラも見ることができました。

DSC_1843-4.jpg

君は・・・うちにもいるけど、ここではぜんぜん物怖じしないので、近くで見ることができます。木の幹に何かを蓄えていました。

DSC_1884-4.jpg

写真を見たら、クチバシの上に、羽が一列に並んでいるんだ・・・今気づきました。見ているようで見ていなかった。

DSC_1882-4.jpg

この日は小春日和で穏やかな天候でしたが、翌日は寒波がきました。

DSC_1687.jpg

エゾリスは冬眠しません。今度会うときは雪の中かな・・・さよなら、またね(´∀`*)


Comment:4  Trackback:0
back-to-top