FC2ブログ
2018
06.05

賑やかだけど静か

林の中はエゾハルゼミの爽やかな声が響いていますが、小鳥たちは巣篭もりに入ったのか、さえずりがおさまり、静かになってきました。
ゴジュウカラの巣からは、もう雛の声がしているみたい。親たちはボロボロになりながら、頑張って餌を集めています。

DSC_8701-4.jpg

DSC_8698-4.jpg

ニュウナイスズメがいました。林のカシワの、横枝にある穴を巣にしているのでは?と思っています。以前そういう場所に巣を作ったことがあるので・・・。

DSC_8695-4.jpg

農道の電線に止まって、大きな声で鳴いています。林の外でも見張りかな?

DSC_8684-4.jpg

センダイムシクイは、まださえずり続けています。

DSC_8706-4.jpg

いつもてっぺんにいるので、なかなかきちんと撮れません。

DSC_8711-4.jpg

林床に巣を作る鳥なので、私たちが歩き回ると巣が作れないかと思うのですが・・・。
エゾシカ林には、木の低い場所に何箇所か巣穴があるので、この時期は入らないようにしています。もしかしたら、こちらにあるのかもしれません。また可愛いヒナが見られるといいな。
夏鳥で今、巣穴がわかっているのは、コムクドリです。畑で作業していると、巣穴から心配そうに覗かれました^^;もう放棄はしないと思いますが、ちょっと気を使って作業しています。

DSC_3118-4.jpg

コサメビタキも渡ってきました。まだ2羽でささやき合いながら、愛を確かめているようです。

DSC_8655-4.jpg

小さな小鳥でとても目立ちませんが、すぐ目の前に来てくれるので見つけやすいです。

DSC_8659-4.jpg

リラックスしてまったり。・・・そこまでしていいのかな^^;

DSC_8672-4.jpg

林では他に、ヒヨドリ、アオジ、カワラヒワの声がしています。アカハラは毎朝うちに朝ごはんを食べに来ますが、巣は、空き家になったお隣にありそうです。シメは、どこか他の場所に巣を作ったのでしょうか、姿を見なくなりました。ワラビ原にいたハシブトガラのペアも、別の場所に移動したようです。ワラビを取っているとき、何度か威嚇されましたから、気に入らなかったのかもしれません。
ハシブトガラの巣立ちひなも可愛いので、見られないのは残念です。
2015年のひなは こちら


Comment:4  Trackback:0
back-to-top