2018
01.29

いつも元気をありがとう

Category: 周辺自然観察
シマエナガと出会った場所にはエゾリスもいました。
冬のエゾリスも本当にめんこいので、久しぶりに^^

DSC_6126-3.jpg

尻尾はふわふわにしてぴったり体にくっつけると防寒着になるのかな?
この日は晴れたので、朝の気温が氷点下17度でした。

DSC_6164-3.jpg

冬眠しないエゾリスは、雪の中でも食べ物を探します。

DSC_6067-3.jpg

ひたすら食べ続ける(笑)

DSC_6097-3_20180125172130cc9.jpg

ひとしきり食べ終えると、今度はあちこちに埋めに行きます。そのめまぐるしいこと!
エゾリスが雪の上を飛び回る様子を見ていると、私も元気がもらえます^^
おや?

DSC_6042-3.jpg

いきなり駆け出しました!食べ物を埋めに行くのかな?

DSC_6146-3.jpg

・・・彼女?のところへ飛んで行ったのね^^
ものすごいスピードで追いかけっこを始めてしまいました〜。
こうなるともう私のカメラでは追えません^^;

DSC_6121-3.jpg

「寒い寒い、まだまだ冬」なんて思っているのは人間だけで、彼らには春がもうすぐそこなのでしょうね。
でも雪解けは2ヶ月以上先。この冬は積雪が多いので、春はなお遠くに感じられます。
ニンゲンが春を感じるまでには、まだまだ時間がかかりそう・・・(´ω`)



Comment:4  Trackback:0
2018
01.25

極寒の日に天使が舞い降りた

Category: 出逢った野鳥
会いたくてもなかなか会えない。
もし運よく会えても、たいていは、高い木のてっぺん。
わずか2〜3分ですぐ移動。
しかも大忙しで動き回るから、当然のように枝被りばかり・・・ orz
なかなか思うようには撮れないけど、一緒にいられただけで幸せ。

シマエナガちゃんです。

DSC_6402-3.jpg


DSC_6381-3.jpg

DSC_6276-3.jpg

DSC_6382-3.jpg

DSC_6271-3.jpg

DSC_6282-3.jpg

この日の気温マイナス13度。
数グラムの羽毛で身を覆い、枝先の虫?を探して元気に飛び回ってました。



Comment:7  Trackback:0
2018
01.13

大雪の冬

寒波のため、本州の日本海側が大変なことになっているようです。センター試験の日って、私も3人の子供全部雪だった気が・・・^^;困りますね。
十勝はどかっと降る日と、晴天が、交互にやってきます。
雪の日も、林のメンバーたちは元気に食堂に来ていました。

DSC_5937-3.jpg

DSC_5933-3.jpg

DSC_5925-3.jpg

DSC_5940-3_20180113092336730.jpg

晴れると、しばらく雪の塊が木にくっついています。サンナシの実はすっかり乾いていますが、ナナカマドのように落ちないので、まだたくさん残っています。食べにくそうなヒヨドリ。

DSC_5749-3.jpg

ハシブトガラもシジュウカラも

僕より大きい・・・
DSC_5759-3.jpg

これ・・・邪魔なのよね
DSC_5764-3.jpg

・・・そのうち落ちますから。

ゴジュウカラは、今年も、もう巣穴に出入りしています。営巣の準備なのか、それとも雪の降る間、避難するのに使っていたのかもしれません。アカゲラも、時々ペアで行動しているのを見ますから、繁殖行動なのかなぁ?
今シーズンは、まだシメを見ていません。シマエナガもたまに通過していきますが、なかなか見ることかないません。ミヤマカケスは雪が深くなったら見なくなりました。カシワの実を出してあるのですが・・・。

DSC_5909-3.jpg

雪がやんで晴れると、気温がぐっと下がります。今日も真冬日。
遅くなりましたが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。


Comment:4  Trackback:0
back-to-top