2017
10.07

遠い日のこと

この頃は、晴れても気温が低くなって、外で仕事する時は動いていないと寒いです。利尻富士、旭岳、羊蹄山などから次々と初冠雪の便りが聞かれ、紅葉が進んでいます。雪虫もちらほら。夏鳥たちは姿を消し、いよいよ寂しくなっていく秋です。

でもこれはまだ夏の香りが残っていた日のこと・・・。
長女と訪ねた野付半島です。トラクターバスを使わずに先端まで歩いてみると、そこには世界の果てと言われる景色が広がっていました。原生林に、地盤沈下によって海水が入り込み、枯死した姿・・・。

DSC_4760-3.jpg

トドワラというのは、トドマツ、カシワ、エゾマツなどがあった場所のことで、いずれなくなってしまうと言われている風景です。

DSC_4764-3.jpg

そこに遊ぶトウネンたちは、そのことを知りません。

DSC_4750-3.jpg

トドワラの手前にあるナラワラ。
ミズナラや、ダケカンバが多く、同じく枯死した姿をしています。

DSC_4777-3.jpg

奥につながる原生林は、「オンニクル」「ポンニクル」と呼ばれています。それぞれアイヌの人たちの言葉で「大きい林、年老いた林」「小さい林、若い林」という意味だそうです。古代の人々の生活を示す遺跡も出ています。
ここには動物が来なかった・・・。

所変わって、こちらは春国岱。オジロワシもいたのですけど・・・

DSC_4797-3.jpg

この時期一番たくさんいるのは

DSC_4780-3.jpg

アオサギでした。

いぇ〜い!
DSC_4791-3.jpg

そして、「隣の店が飼ってる」と言われるほど、いつも必ずここにいるタンチョウ(笑)春国岱をバックに。旅のはじめは、見ると喜んでいた長女も、ここまでくると「またか」というほどタンチョウをたくさん見ました。

DSC_4794-3.jpg

その長女が一番喜んだのは、春国岱で群れなしていたエゾシカ親子のすぐそばまで近寄れたことでした。(私が近づいて逃げるといけないので、私は撮ってないんだけど、長女のカメラにはたくさん収まっているはず。)

今月も20日ごろまで農家で仕事する予定です。笹刈りもしなければならないのですが、農家の仕事が終わってから。毎年雪がきて中断しないかと心配しながらやっています。今年も早く降らないようにようにと祈るだけです・・・( ̄人 ̄)


Comment:4  Trackback:0
back-to-top