2017
09.18

海岸で観察会

Category: 周辺自然観察
知り合いから、観察会に誘われて行って来ました。
そこは、近くだったのに、行ったことのない場所でした。

DSC_0345-3.jpg

崖の上に咲いていたのは初めて見るエゾマツムシソウとチシマセンブリ。ガンコウランの中に群生していました。

DSC_0315-3.jpg

相方は八ヶ岳でマツムシソウを見ているのですが、もっと背丈も高く、花も大きかったそうです。ここでは背丈15センチほどで、厳しい生育環境を思わせました。

DSC_0311-3_20170918150146dc5.jpg

複雑な花の形をしています。

DSC_0312-3_20170918150147a93.jpg

チシマセンブリ。

DSC_0313-3_20170918150149262.jpg

とても苦い薬草なのだそうですが、花は魅力的でした。

DSC_0314-3_201709181501504e5.jpg

最近はこの群生地にミヤコザサが入り込んで、だんだんと少なくなって行く運命だそうです・・・。

海岸柏林には、立山で見たコゴメグサよりも、もっと小さなエゾコゴメグサ。

DSC_0319-3.jpg

バアソブも初めて見ましたが、もう花が終わり、実になっていました。エゾリンドウもあちこちに咲いていましたが、開いている花はあまり見つからず。
ハナイカリも花は終わっていましたが、イカリソウそっくりの形は残っていました。(イカリソウはメギ科、ハナイカリはリンドウ科で全く別の植物です)このまま草紅葉するようです。

DSC_0326-3_201709181508109a0.jpg

湿地帯に入ると、サワギキョウはほとんど終わりかけでしたが、ウメバチソウがまだたくさんありました。

DSC_0342-3.jpg

終わりがけにこれ、と言われて見たのは環境庁RDB:絶滅危惧II類のヒロハノカワラサイコ。
よく見るキジムシロに似た花です。教えてもらわなければそうとわかりません^^;

DSC_0350-3.jpg

明日は台風という日でしたが、海岸はよく晴れて、波もまだ穏やかでした。

DSC_0346-3.jpg

ここ一箇所でいろいろな植生が見られる貴重な環境でしたが、まだ保護はされておらず、今後が懸念されました。


Comment:4  Trackback:0
2017
09.03

事もなし

お盆をすぎてからも曇りの多い日でしたが、9月からは晴天が続くようです。台風も今年は外れてくれました。
農道には夏の花と秋の花が一緒に咲いています。オミナエシやツリガネニンジン、ツリフネソウ。エゾトリカブトに、コオニユリ。

DSC_0299-3.jpg

DSC_0306-3_20170903211930481.jpg

エゾノコンギクが咲くともう秋です。邯鄲(カンタン)のもの悲しい音も聞こえています。

8月、お盆過ぎのアカゲラ林の様子から・・・。

まだコサメビタキがいました。親の方かな。
今年のナナカマドの実は、数は少ないですが、大きいようです。

DSC_4711-3.jpg

ハシブトガラが帰って来ると、林が賑やかになります。幼鳥が近くに来ました。

DSC_4606-3.jpg

10羽ほどの、幼鳥と親のグループでした。シジュウカラの幼鳥も混じっていました。もう混群を作っているのですね。
親たちは水皿での水浴びがお気に入りらしい。位置を変えたせいか、今年のバードバスではあまり鳥を見かけませんでした。

DSC_4715-3.jpg

モズも時々林に入って来ます。林の周りでも、モズはあちこちで見かけます。雨上がりに鳴いていましたが、高鳴きではなく、警戒音だったみたいです^^;さすがにまだ早かった。

DSC_4695-3.jpg

ゴジュウカラはここにいますが、あれからアカゲラをあまり見ていません・・・。夏は林がコムクドリに占領されるので、気の弱いアカゲラはどうしても他で巣を持たなければなりません。秋になれば帰ってくるでしょうか。

今年のジャガイモは、順調に収穫しています。去年が大変だったので、農家さんの喜びもひとしおです。これから9月いっぱい、収穫と、選別が続きます^^


Comment:4  Trackback:0
back-to-top