2017
08.16

再び、神様たちの暑い庭へ 黒岳編その2

黒岳の頂上で見た鳥は、ここでもノゴマだけでした。すれ違った人に聞かれたので、ノゴマの位置を教えてあげたら、初めて見たと言って喜ばれました。でもカメラを見て、「えっ?こんな重たいのを背負って登ってきたの?!」と驚かれました。普通の登山では背負いませんよね・・・はい、重かったです・・・。゚(゚´Д`゚)゚。(←汗)

DSC_4564-3.jpg

イワヒバリらしい声が聞こえたり、ホシガラスが飛ぶのを見ましたが、ずいぶん遠くでした。頂上でおむすびを食べている時、アマツバメが頭上を飛んでいました・・・。
ええ、もちろんギンザンマシコなんて、これっぽっちもいませんでしたよ(・Д・)ノ(←再び)
「もう少し寒くなってからおいで」と、宿のご主人に言われてしまいました。
・・・ですよね〜(´д⊂)

頂上や登山道は狭いので一面のお花畑はないけれど、それでもここは神様たちが遊ぶお庭へ続く道。多くの花に出会いました。頂上で見たイワギキョウとエゾイワツメクサ。

DSC_0254-3.jpg

同じくコケモモと。

DSC_0255-3_20170815100407865.jpg

石室までのれき地で、イワブクロとエゾツツジ。咲いていたのは立ち入れない場所だったので、ここでも望遠レンズが活躍しました。

DSC_4587-3.jpg

下山途中。登山道のハイオトギリとチシマフウロ。

DSC_0259-3_2017081509503376d.jpg

同じくウメバチソウと。

DSC_0258-3.jpg

ミヤマアカバナと。

DSC_0271.jpg

ナガバキタアザミ。アザミはたくさん見ましたが、これは高山性のアザミらしい。

DSC_0257-3_20170816152221b86.jpg

タカネトウウチソウ。

DSC_0268-3.jpg

日陰でこっそり咲いていたエゾノレイジンソウ。トリカブトの仲間。

P1220482-3.jpg

ヨツバシオガマもたくさんありましたが、もう終わりかけでした。

DSC_0260-3.jpg

行きは花を撮る余裕がなかったけど、帰りは花たちに名残を惜しみながら、下山しました。
リフトを降りたら太ももがつりましたよ〜(*´ω`)
相方は汗もあまりかかないし(そのように歩いてると言ってた。そんなことができるの?!)飄々と登って、降りていたように見えたのですが、後で聞いたら「久しぶりなので相当きつかった」と言っていました。

私は、次回はぜひ石室まで行って、エゾコザクラのお花畑を見たい・・・とは(あの岩場の急登を思うと)筋肉痛の3日間の間は思えませんでしたが、今はもっと鍛えて、ぜひリベンジしたいと思います。それまで近くで訓練しないと。娘に文鳥を預かってもらっているうちに、次はどこの山へ行こうかなぁ。(←懲りてない)



Comment:6  Trackback:0
back-to-top