2017
08.09

北方で出会った生き物たち その2

北方の地で会いたかったものは、他にもいました。

DSC_4527-3.jpg

トナカイです。偶蹄目シカ科。シカとウシを足して割ったような雰囲気を感じました。
オスもメスも立派な角があります。

DSC_4538-3.jpg

こちらに向かってくる姿は、迫力があります。

DSC_4542-3.jpg

北方民族の文化に惹かれ、以前から関心がありました。ここでトナカイが見られるとわかって、ぜひ会いたくて寄り道。日本でも飼育している動物園はあるのですが、ここでは一年中見ることができます。北極圏の生き物ですから、日本でトナカイを飼うなら、このくらい緯度が高くないと無理でしょうね^^;

DSC_4545-3.jpg

トナカイの蹄は、毛が生えていてよく広がり、雪の上や、夏に湿地帯を歩く時も沈みにくくなっています。トナカイという呼び名はアイヌ語からきているようですが、ユーラシア大陸北西部でも似た呼び方をする民族がいます。アメリカ大陸ではカリブーと呼ばれています。

帰り際見たのは・・・

DSC_4550-3.jpg

オジロワシ。ここでは留鳥だそうです。牧草ロールに乗っかってる光景も普通?らしい。
カキカキ・・・ずいぶんリラックスしていました。

DSC_4554-3.jpg

隣の畑で作業していた人が、カメラで撮影しようと近寄ってきたら、あっというまに飛ばれてしまいました。ちょうど相方に見せるためカメラを渡していたところだった・・・orz
牧草ロールといえば、ここで見る牧草地の広さが途方もなかった!

DSC_0222-3.jpg

十勝でも広いと思っていましたが、ここはさらに桁違いのスケールで、しばしその光景に見とれてしまいました。


Comment:2  Trackback:0
back-to-top